【懐かしいアニメ特集】「School Days」を考える。

写真拡大

Nice boat.(画像:amazon.co.jpより )
©STACK/School Days製作委員会 2007

人気美少女ゲームブランドのオーバーフロー原作「School Days」は2007年7月期に1クールTVアニメとして放映されたアニメ作品です。

「School Days」は電車通学をする高校生「伊藤誠(いとう まこと)」が電車内で時々会う桂言葉(かつら ことのは)と同じクラスの西園寺世界(さいおんじ せかい)の三角関係を中心に描くストーリーです。

このように書くと「School Days」はあまり特徴が無い作品のように思われるかもしれません。しかしながら桂言葉・西園寺世界をはじめとする女性キャラクターの扇情的かつ官能的な描写(具体的な表現は避けますが詳細は実際にご視聴によりご確認おねがいします)やその魅力もさることながら、テレビアニメとしては衝撃的なラストが放映当時話題になりました。

※そのときの状況はCS放映のAT-X以外の地上波は最終話(第12話)が放映中止になるという異常事態でした。ちなみにAT-Xでも一部画像の修正(血液の描写がモノクロになっていました)が入りました。

そのときに地上波では代替番組として紀行番組が放映された局もあり、そのときの番組中にボートの風景があったため「Nice boat.」というスラングがネット上で話題になりました。

私も「School Days」は放映当時AT-Xで視聴いたしましたが未だに良く思い出す作品です。


【ライター:清水サーシャ】


▼外部リンク
「School Days」TVアニメ公式HP
School Days 第1巻(初回限定版) [DVD]

■関連記事
【アニメ】「電波女と青春男」第10話は夏の日の思い出な展開!(ネタばれ注意)
【アニメ】「緋弾のアリア」第10話は扇情的な狼の展開(ネタばれ注意)
魔法少女まどか☆マギカのミニクッション発売
Aチャンネルがマイクロファイバーミニタオルに!
Yahoo!がサーバーダウン!?トップページがアクセス不能状態に。