【東京おもちゃショー2011】音に合わせて1人で遊べる『卓球ハイテンション』

写真拡大




6月16日から19日にかけて東京国際展示場(ビッグサイト)で開催中の、日本最大のおもちゃの見本市『東京おもちゃショー2011』。ハピネットは、音に合わせて1人で遊べる卓球ゲーム『卓球ハイテンション』を出展しています。シェイクハンドタイプとペンタイプの2種類のラケットがあり、いずれも2079円(税込み)で10月に発売を予定しています。

シェイクハンドタイプとペンタイプの2種類をラインアップ。見た目はラケットそのまま
見た目は普通の卓球のラケットですが、スピーカーが内蔵されており、そこから聞こえる音で遊ぶことが可能。遊ぶモードを切り替えるモードセレクト/決定ボタン、スマッシュを決めるときに使うスマッシュボタンのほかは、普通にラケットを持って振る動作でゲームを操作します。このラケット1本あれば、ボールがなくても卓球がプレイできてしまうのです。

『ラリーモード』は、音に合わせて卓球をプレイするモード。ラケットを振るとゲームが開始し、見えない相手(コーチ)が打ち返す音、卓球台にはね返る音を頼りにラケットを振って打ち返します。タイミングが合わないと打ち返す音が鳴らず、ジャストミートならクリーンヒット音を鳴らしてくれます。スマッシュボタンを押して振ればスマッシュ。より爽快な音で打ち返すことが可能になります。難易度がイージーなら、ゆっくり打てばコーチもゆっくり打ち返し、すばやく打てばスピーディーに打ち返してくれるので、自分のリズムに合わせてラリーが楽しめます。難易度ハードでは、コーチが不規則なリズムで打ち返すので、それに合わせて打つ必要があるちいう上級者向けモード。

『リズムモード』を選ぶと、音ゲー感覚でゲームが楽しめます。再生されるBGMのリズムに合わせてラリーを続けていくと、だんだんBGMが盛り上がり、打ち返す音もハードに。約1分のプレイ後、4段階の評価で「パチパチパチ」「ブー」などの効果音が再生されます。

筆者も遊ばせていただきましたが、淡々と打ち返しているつもりが、失敗すると悔しくなり、人目も気にせず一心不乱にラケットを振り続けてしまいました。ラリーが続いたり、リズムに合ってくると効果音が盛り上げてくれて、「ハイテンション」の名のとおりテンションが上がっていくのを感じます。サー! 自宅でも遊べますが、ストレス解消に、職場に置いてみんなで遊ぶのも楽しそうです。



■関連記事
今年のおもちゃショーの見どころは? 『日本おもちゃ大賞2011』が発表される
【東京おもちゃショー2011】巨大化してド迫力の定番パズル『ジャンボジェンガ』
【東京おもちゃショー2011】見た目から性格までカスタマイズできる『クロックマン iD』
この冬 大人たちはケイドロ専用レーダー『ケイドレーダー』で風の子になった!
計画停電になったらムネに顔をうずめて昼寝しよう! 『うたた夢寝まくら』製品レビュー