株式会社Crestraは、株式会社エーアイの組込用音声合成ライブラリ「micro AITalk」による読み上げ機能が搭載された、iPhone/iPad向け電子書籍リーダー『金沢文庫』をリリースした。

まずはLITE版でお試しを 『金沢文庫』は、ネット上で文学作品を公開する「青空文庫」から好きな書籍をダウンロードし、音声での読み上げを行うことができる電子書籍リーダーだ。読み上げには、コーパスベース音声合成方式が採用されており、より人間らしく自然な音声を聞くことができる。

本アプリは、縦書き表示に対応しており、書籍のイメージを忠実に再現してくれる。また、ページのサムネイル表示により、目的のページを素早く探し出すことができるのだ。また、PDFやユーザ独自の画像集をZIPで圧縮し、サムネイルでのビュー表示やスライドショーでの閲覧も可能となっている。

『金沢文庫』は、App Storeにてダウンロード可能だ。価格は1,000円だが、2011年8月1日までは発売記念として700円(いずれも税込)で販売される。また、10ページまでの閲覧が可能なLITE版(無料)も近日登場の予定となっている。


Editor's eyes 文章を読み上げてくれる、ありそうでなかったアプリだ。近日登場予定のLITE版は、閲覧できるページ数に制限はあるものの、他の機能は有料版と同等に使用できるため、まずはLITE版で感触を確かめるのが良いかもしれない。

▼外部リンク

株式会社Crestra
詳細ページ


■関連記事
iPhoneで敬語を楽しく学べるアプリ『敬語力』がNICTから
タイトーがiPhoneアプリ『電車でGO!山手線編』の配信をスタート!
仕事の合間にお悩み相談=伊右衛門濃いめスマートフォンサイト「きりっと濃いめ茶屋」オープン
Apple社 「iCloud」商標侵害で訴えられる
タブレット端末に「8割満足」の声