アジア風鶏飯がこんなにうまいなんて…海南鶏飯食堂

写真拡大

アジア料理にB級かどうかというくくりがあるかどうかはわからないが、安価にうまいものが食べられるという点で、アジア料理は最高だ。そんなアジア料理といえば、中国、韓国、タイなど数々あるが、今日紹介するのはシンガポール風鶏飯を食わせてくれる「海南鶏飯食堂」である。

蒸した鶏にアジア風のタレをかけ、スープで炊いたタイ米とともにかき込む。たったそれだけの料理なのだが、これが果てしなくうまいのだ。

鶏はなんのこともない蒸し鶏。このジューシーさは、なんとなくブラジル産な気がするが気のせいかもしれない。タレは醤油系、チリソース系、ショウガだれ系の3種類で、これを単体で使ってもいいし、混ぜて使ってもうまい。パクチーがついてくるので、適度にご飯と混ぜながら食べれば、間違いなく至福の時間が訪れることだろう。周りを見ているとさまざまな食べ方があるようだが、私は鶏肉をご飯に乗せ、上からタレをかけつつ混ぜ混ぜして食べるのが好きだ。こうすることで、タレとほのかに香るご飯がよくからみ、複雑な味わいを生み出してくれるのだ。気がつけば「ガツガツ」と食べてしまっていること間違いなしだろう。なお、ランチではご飯のおかわりが無料なので、タレのみでご飯を食べるのもオツである。

ちなみにだが、実はこの料理、驚くべきことにレシピが公開されている。家でも作れそうで、出せない絶妙な味……きっとそんな自信があるのだろう。鶏飯とカレーの2種類しかメニューがないにもかかわらず、今日もランチはお客さんでいっぱいであり、味への信頼と店の人気がうかがえる。

そんな海南鶏飯食堂は麻布と恵比寿に店舗をかまえている。もしアジア飯が好きであれば、近くまで来た際にはぜひ試してみてほしい。できればパクチーを増量すること(ただし別料金)を忘れずに。

■ 参考サイト

海南鶏飯食堂 (http://www.route9g.com/)

(中山 記男) http://airoplane.net/


■関連記事
はやく日本にも…米マックのアンガス・サードパウンダーはグルメなバーガー
肉×炭水化物がガッツリ摂れるB級グルメ! それが「日高屋」得旨セット!
【レポート】全メニュー完全制覇! 『みよしB級グルメフェスタ』に行ってきたよ
ひとり暮らしの男性に“電気フライヤー”のススメ
シンガポールのすごい官僚制度について