スカイツリーの高さを疑似体験!お台場・未来館の企画展

写真拡大

先日レポートしたGeo-Cosmos点灯式(※)から1週間後の6月10日、翌日11日の開館を控えた東京・お台場の日本科学未来館で、企画展「メイキング・オブ・東京スカイツリー」の内覧会が行われた。東京スカイツリーといえば、来年5月22日の開業予定とともに、入場料の設定も話題になったばかりだ。こちらの企画展は、Geo-Cosmosやドームシアターなどを含む常設展示が大人600円のところ、別途に大人1,300円が入場料として必要になる。では、その内容の一部を紹介しよう。

復旧したエントランス

先週訪れた際にはまだまだ作業中といった雰囲気も残っていたが、館内はさすがに開館の前日だけあって、すっかり準備が整った印象だ。企画展のエントランス部分には大きな解体クレーンが置かれており、Geo-Cosmosよりも高く、6Fまで吹き抜けの天井に届きそうな勢いだが、これでも一番小さく、最後までタワーの上に置かれているものだというから驚きだ。建築作業中のクレーンは役目を終える際に、自分より一回り小さいクレーンの部品を吊り上げる、そして、次にそのクレーンを組み立てた後、元のクレーンを解体して小さい方のクレーンで地上に下ろす、これを東京スカイツリーでは3回繰り返すと説明があった。(最後のクレーンは人力で解体してエレベーターで下ろす)

ジオコスモスと解体クレーン

会場は4部構成に分かれており、入場するとまずZONE1で、世界や日本の高層建築の歴史を振り返った後、ZONE2では、CGや1/300の模型とともに東京スカイツリーの設計過程を見ることができる。本物の設計書は一般的に想像されるものより、かなりコンパクトで記者は意外に感じた。これはぜひ来館して実際に確かめてほしい。


一番太い鉄骨

展示の中心となるのは建築現場を再現するZONE3だろう。本物と同サイズの鉄骨の模型が置かれており、記者はその巨大さに圧倒されてしまった。こちらで科学コミュニケーターから制振構造について映像を交えた説明を受けた。中心を通る375mの心柱(しんばしら)がタワーから常に遅れて揺れることで、全体の揺れを小さく抑えられるそうだ。このような構造は世界でも東京スカイツリーだけという。

また、実物と同じクレーンのコクピットに乗り込み、3D映像で作業員の視点を擬似体験することもできる。館長の毛利さんや関係者とともに現れた、東京スカイツリー公式キャラクターのソラカラちゃんも(頭部が大きくてコクピットには入れないものの)3D映像には興味津々の様子だった。

タワークレーンコクピット

3Dメガネを覗くソラカラちゃん

その他にも高所での作業の様子が映像で多数紹介されていた。第1展望台の屋上、地上375mからの眺望は特に素晴らしく、さらにその上、高さ450mにもなるという第2展望台からの景色を想像すると、記者は来年の開業がいっそう待ち遠しくなった。

高所の作業

375mからの展望

▲地上375m、第1展望台の屋上からのながめ

最後のZONE4では、レゴブロックで制作された総数133,320ピース、1/100スケールの東京スカイツリーが出迎えてくれる。周囲には子どもたちが作った「夢のまち」が配置されていて、ソラカラちゃんはそれらをバックに記念撮影に応じていた。


内覧会が終わった後には関係者の交流会が行われた。挨拶に立った館長の毛利さんはスカイツリーの高さを引き合いに出して、「研究者、科学者や技術者は世界一を目指すこだわりがないとダメなんです」と熱く訴えて会場を沸かせた。また、NHKエンタープライズの佐藤寿美代表取締役は、3年間かけて東京スカイツリーの建築の模様を取材しており、地デジ移行の前後あたりでぜひ放送したいと語っていた。今後のNHKの番組にも期待したい。

ソラカラちゃんも改めて紹介された。大人の関係者しか参加していないにもかかわらず大変な人気で、ステージを下りた後は記念撮影に引っ張りだこになっていた。

ソラカラちゃんポーズ

日本科学未来館に今まで行かれたことのない方は、まずは常設展示のみの入場でも検討してみてはいかがだろう。この巨大なクレーンを見られるし、ミュージアムショップで関連グッズを購入することもできる。もちろん、東京スカイツリーの開業まで待ちきれない方は、この企画展にぜひ足を運んでいただきたい。

ソラカラちゃんグッズ

■ 関連リンク

(※)大震災からの復旧。お台場の未来館が6月11日に再開

■関連記事
大震災からの復旧 お台場の未来館が6月11日に再開
東京スカイツリーのふもとで新旧キャラ“ソラカラちゃん”と“おしなりくん”が出会った
一足お先に輝く東京スカイツリーを タカラトミー『Crystal sky tree』発売へ
レジス・アルノー「スカイツリーは東京衰退のシンボルだ」
東京スカイツリーの公式キャラクター“ソラカラちゃん”がお披露目