“脱出ゲーム”ブームの火付け役がiPhone&Androidアプリで登場 『CRIMSON ROOM ′11』

写真拡大




密室に閉じ込められた状態から、部屋に隠された手がかりを探して脱出を試みる“脱出ゲーム”。Flashゲームで世界的に流行し、今では教室や遊園地を舞台に『リアル脱出ゲーム』が開催されるなど、社会現象にまで発展したゲームジャンルですが、このジャンルを確立したのが日本人クリエーターの作品だということはご存知でしょうか? その作品は、TAKAGISMの高木敏光氏が2004年にFlashゲームとして公開した『CRIMSON ROOM』。この“脱出ゲーム”の金字塔とも言える作品がスマートフォン用アプリ『CRIMSON ROOM '11』として公開されています。

「クリムゾンルーム」という名前が示すとおり、舞台となるのは赤い壁の部屋。アート色の強いグラフィックや緊張感のあるサウンドはそのままに、パソコンのクリック操作をスマートフォンのタップ操作に変えてプレイできます。タップした場所が反応したり、長押しすると拡大して見えたり、右利きと左利きの操作を選べたりと、アプリ用にアレンジした仕様を追加。モバイル環境でも遊びやすくなっています。

謎解きもFlash版とは異なる、スマートフォンならではの仕掛けが……。詳しくは書けませんが、Flash版をクリアした人でも、あっと驚く謎解きを楽しむことができます。イマ風なのが、クリア後の仕掛け。プレイ結果を『Twitter』でつぶやくことができるのです。結果には3ケタの数字とキーワードが表示されるのですが、公式『Twitter』によると、まだ「001」を出したユーザーはいないとのこと。脱出するまでに画面をタップした回数で結果が変化するようなのですが……。クリア後も、「001」を目指すチャレンジが待っています。

『CRIMSON ROOM '11』
『CRIMSON ROOM '11』は、iPhone版が『App Store』、Android版が『Androidマーケット』で公開されています。価格はiPhone版が1ドル99セント、Android版が230円です。

『CRIMSON ROOM '11』(iPhone/Androidのダウンロードリンクあり)


■関連記事
「1日5秒のゲーム日めくり」『きょうのしかく』がiPhone&Androidアプリになった
『脱出ゲーム』は5歳から思い描いていた夢の場所だった 【会ってみた No.1】
教室から「脱出」せよ! リアル脱出ゲームに参加してきた
廃校の図工室から“脱出”してきた
「日本からも世界へ発信していく」—-『サンシャイン牧場』のRekoo社が日本法人設立で会見