DIOR HOMME 2011-12年秋冬と新作ウォッチ上陸

写真拡大

 「DIOR HOMME(ディオール オム)」が発表した最新の2011-12年秋冬コレクションが、7月より順次日本で発売する。タイトルは「ENFOLD / UNFOLD」。流れるようなドレープで包み込む黒、キーカラーの清らかな赤を特徴に、アーティスティック・ディレクターKris Van Assche(クリス・ヴァン・アッシュ)が生み出すメンズワードローブと新作ウォッチが揃う。

DIOR HOMME新作とウォッチが上陸の画像をもっと見る

 パリで発表された「DIOR HOMME」2011-12年秋冬コレクションは、ドレープのなめらかさや解放的なシルエット、上質な素材のカシミアのダブルフェイスなどを用いることによって冬服の重さや制約を取り払った。1枚仕立てのジャケットや分量感のあるオーバーコート、少し太めのスラックス、ニット素材で仕立てたアウターは、軽さとしなやかさが特徴だ。定番のブラックに加わったカラーは、グレーや深みのあるブラウン。印象的なアクセントとして、鮮やかなレッドが差し込まれた。

 「ENFOLD / UNFOLD(=内を明らかにする意)」という今季のテーマを象徴的に表しているのが、テーラードの仕立てや内蔵物を表面に出したディテール。アトリエへのオマージュのごとく、ジャケットやシャツ、シューズといったアイテムに熟練の職人による華麗な仕立てが光る。一方で上質素材の布端をわざとほつれさせた退廃的な仕上げも、アトリエの細やかな技術によるもの。アクセサリーではビッグバッグが台頭。根強いファンが多いデニムや、ショート丈のPコートといった定番アイテムもワードローブに欠かせない。

 ウォッチコレクション「シフル ルージュ」の新作では、ローターが文字盤上で駆動する新開発のムーブメント「ディオール アンヴェルセ」を搭載した限定モデルが11月にリリース予定。「DIOR HOMME」のエレガンスが凝縮した新作コレクションの店頭展開は、2011年7月中旬以降が予定されている。

■「DIOR HOMME」2011-12年秋冬コレクション
 ショームービーは公式サイトへ:http://www.diorhomme.com/