「ラングリッサー シュヴァルツ」、岩垂徳行とGeroの動画公開
オンラインゲームサービスの提供を行っている、Gamania Digital Entertainment Co.,Ltd.[HQ] は、現在開発中の「ラングリッサー シュヴァルツ」について、ゲームの方向性として「アクション性や攻撃の爽快感アップ」そして「スケールの大きな戦略要素」を導入することを発表した。

また、全シリーズを通して楽曲を担当する岩垂徳行氏とテーマソングを担当するGero氏のインタビュー動画も公開。今回主題歌「Light and Shadow」を歌うGero氏は、動画投稿サイトで注目を集め現在多方面で活躍するアーティスト。昨年行われた「東京ゲームショウ2010」のガマニアブースで既にその歌声を披露している。

「ラングリッサー シュヴァルツ」は、シリーズ累計100万本の販売を記録するシミュレーションゲーム「ラングリッサー」シリーズの20周年記念作品。

【岩垂徳行氏からのコメント】
「ラングリッサー」は多くの人にとってシミュレーションゲームの代名詞とも言えるタイトルだと思います。オンライン版の「ラングリッサー シュヴァルツ」は懐かしいストーリーや特徴が再現されているだけでなく、アクション性や戦略性が増し、よりエキサイティングなゲームになることでしょう。音楽についても、「ラングリッサー」のストーリー性やインパクトを再現できるよう尽力しました。


<岩垂徳行(いわだれ のりゆき)>
ツーファイブ所属の作曲家。主にゲーム音楽の作曲・編曲を手掛ける。
代表作に「逆転裁判」シリーズ、「グローランサー」、「大乱闘スマッシュブラザーズX」等がある。

【Gero 氏からのコメント】
昨年の東京ゲームショウでは、ガマニアさんにお招きいただき「ラングリッサー シュヴァルツ」のテーマ曲「Light and Shadow」をライブで歌いました。今年はまさに「ラングリッサー」発売20 周年ですし、僕も「ラングリッサー シュヴァルツ」をプレイしてみたいと思っていますので、サービス開始を非常に楽しみにしています!


<Gero(げろ)>
動画投稿サイトに自身が投稿した歌の動画が話題となり、歌い手として活動を始める。CD やライブイベントに多数参加している。

●関連URL
▼「ラングリッサー シュヴァルツ」グローバルティザーページ

http://www.lgsonline.net
▼ 「ラングリッサー シュヴァルツ」facebook オフィシャルファンページ
http://www.facebook.com/lgsonline

(c) NCS/extreme
(c) 2011 Gamania Digital Entertainment Co., Ltd.

■関連記事
ベクター、新作MMORPG「Magic World Begins」βテスター5,000名募集開始
【建物萌の世界】第七回 神宮の森を背にして
韓国・Galaxy Gateが手がけるMORPG「ロエンテイル」今夏サービス決定
史上最大のワンピースイベント「ワンピースドームツアー」札幌ドームで開幕
【特撮映像館】Act.70 エコエコアザラク WIZARD OF DARKNESS