矢野経済研究所では、2011年第1四半期の住宅リフォーム市場規模について、前年同期比13.1%減となる1兆517億円と発表した。要因としては、東日本大震災による消費低迷、建材・設備機器の搬入遅延があげられる。2011年1〜2月はむしろ昨年同月より6.6%増加で推移していたが、3月単月で前年同月比35.9%減となったことが震災の影響を表している。
また、2011年通期の住宅リフォーム市場規模については、震災後の意識の変化から耐震化診断や太陽光発電の普及などでリフォーム需要を喚起させた場合は6.0兆円を予測、その一方、消費が低下している中で高額リフォームの手控えから市場環境が低迷した場合の下限値としては5.7兆円を予測している。