「遊☆戯☆王」カードが251億枚突破、KONAMIが持つギネス記録を更新。

写真拡大

コナミデジタルエンタテインメントは6月14日、「遊☆戯☆王」カードの累計販売枚数が251億7,000万枚を突破し、同社が持つ「世界で最も販売枚数の多いトレーディングカードゲーム」のギネス記録を更新したと発表した。

「遊☆戯☆王」カードは、1996年から「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載された「遊☆戯☆王」(作:高橋和希)と、原作マンガを映像化したアニメ「遊☆戯☆王」シリーズ(テレビ東京系)を題材とした対戦型カードゲーム。KONAMIが1999年に発売し、現在は日本、北米、欧州を中心に、全世界で販売している。

日本では、今年からアニメの新シリーズ「遊戯王ゼアル」が始まり、KONAMIも3月に「遊戯王ゼアル オフィシャルカードゲーム」を発売。また、海外でも今後「遊☆戯☆王」カードの新シリーズを展開する予定だ。

なお、2011年3月末時点での全世界累計販売枚数は251億7,556万7,833枚。2009年7月にギネス・ワールド・レコード社より世界記録認定を受けたときには225億8,772万8,173枚(2009年4月時点)だった。