12日、香港で4種のインスタントラーメンの粉末調味料と液体調味料から可塑剤が検出されたという。写真は中国のスーパーに並ぶ「辛ラーメン」。<url name="【その他の写真】" url="http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=52003">

写真拡大

2011年6月12日、香港ケーブルテレビの報道によると、香港で4種のインスタントラーメンの粉末調味料と液体調味料から発ガン性の高い可塑剤が検出されたという。検出されたのは「御品皇生麺濃牛肉味」、日清の「大将炒麺日式焼汁味」、韓国メーカー・ノンシムの「辛拉麺特辣香●味(●は草かんむりに姑)」、香港メーカー・金粉ブランドの「河粉王原汁牛●味(●は月へんに南)」。シンガポール華字紙・聯合早報が伝えた。

記事によると、「御品皇生麺濃牛肉味」の液体調味料から可塑剤として使用されるフタル酸ジブチル(DBP)が基準値0.3 ppm の53倍にあたる16.1ppm検出された。香港で基準値を超えるDBPが検出されたのは初めて。同製品を販売していた恵康スーパーでは、すでにその販売を中止し、購入者に対しては商品と引き換えに返金に応じるとしている。

【その他の写真】

香港の日清の「大将炒麺日式焼汁味」からも可塑剤DEHPが、世界保健機関(WHO)が定める基準値1.5ppmを超える2.3ppm検出された。また、台湾メディア・今日新聞網は、韓国メーカー・ノンシムの辛拉麺(辛ラーメン)の中国で生産された一部製品から可塑剤が検出されたと報じたが、ノンシムの台湾代理業者は、台湾で流通する同製品は韓国からの輸入品のため問題ないと強調した。(翻訳・編集/津野尾)

【関連記事】
香港市民の99%、血液中から発がん性のある「可塑剤」検出―香港
日清製インスタントラーメンの薬品汚染、問題製品は中国市場に流通せず―中国
猛毒インスタントラーメンか?小学生4人、食べた直後に死亡―雲南省昭通市
東莞の食品工場でも「可塑剤」検出、責任者逮捕―広東省
拡大する可塑剤騒動=大手食品メーカーのほとんどに波及―台湾