ファミコン版『ドラゴンクエストIII』はレベル1でカンダタまで行ける

写真拡大

『ドラゴンクエスト』シリーズの25周年記念として、2011年9月にWiiで『ドラゴンクエストI・II・III』が発売されます。ファミコン版をそのままWiiで遊べるようにしたものなので、ファミコンと同じ懐かしいグラフィックで名作を楽しむことができるわけです。

『ドラゴンクエストI・II・III』のなかでも人気なのが、やっぱり『ドラゴンクエストIII』ですよね。ロト伝説の謎が明かされる本作は、『ドラゴンクエスト』シリーズの歴史上、最高傑作ともいわれています。そんなファミコン版『ドラゴンクエストIII』ですが、実はレベル1でストーリーをけっこう進められるのをご存知でしたか?

なんと、レベル1のまま『人さらいのアジト』にいるカンダタと戦うシーンまで進むことができるのです。絶対に無理のような気がしますが、実際に筆者もやったことがあるので本当です。自分でプレイするまで本気にしていませんでしたが、数時間かけてようやくカンダタまで行くことができました。

その攻略法はただひとつ、「逃げる」と「運」です。とにかくモンスターと出会っても「逃げる」のコマンドを選択して絶対に戦いません。もちろん100パーセント逃げられるとは限りませんので、「まわりこまれてしまった!」ということも何度もあります。なのでプレイヤーの運も必要なわけです。

特にロマリアを過ぎたカザーフの村あたりから厳しくなります。ピラミッドもかなりの難関です。でも「逃げる」だけを頼りに運だけで冒険を進めます。正直、嫌になります。

でもどうして、レベル1でも逃げていればストーリーを進められちゃうのでしょうか? それは『人さらいのアジト』にいるカンダタまでボスが存在しないのが原因です。明確には『シャンパーニの塔』にボスがいるのですが、そこに寄る必要がないのです。よって、戦わなくても先に進めてしまうんですね。

ですが、スーパーファミコン版ではその点が改良されてしまい、『シャンパーニの塔』のボス(1回目のカンダタ)を倒さないと『人さらいのアジト』でカンダタが出現しないようになっています。トホホです……。その点、Wiiの『ドラゴンクエストI・II・III』ではどうなっているのか気になりますね。

■関連記事
不動産屋に聞いた豆知識「ネットで激安物件があったらチェックすべき点」
3D映画を観て映像にガッカリしたときは「2D→3D変換映画」を観た可能性が高いです
ドコモのドコモダケ、ソフトバンクのお父さん犬、そしてauシカ
『ジョジョの奇妙な冒険』杜王町と『魔少年ビーティー』の共通点が多すぎる件
ジョジョの奇妙な冒険・ジョナサンの名前の由来はファミレスの『ジョナサン』