国土交通省では、このほど2011年5月の住宅エコポイントの申請件数および発行ポイント数を発表した。申請件数は新築2万6024件(4月実績3万3404件/申請戸数3万7534戸)、リフォーム2万2200件(同2万7453件/申請戸数2万3512戸)、計4万5224件(同6万857件/申請戸数6万1046戸)、発行ポイント数は新築139億4708万ポイント(同162億2402万ポイント)、リフォーム16億1571万7000ポイント(同18億2759万7000ポイント)、計155億6279万7000ポイント(同180億4801万7000ポイント)と、申請件数、発行ポイントともに前月比で減少した。

リフォームの申請件数およびポイント発行件数の内訳は、「窓リフォーム」が2万5093件(ポイント発行数11億2181万7000ポイント)、「壁・床の断熱工事」が1337件(ポイント発行数1億4633万ポイント)、「バリアフリー工事」が7893件(ポイント発行数2億2242万5000ポイント)、「太陽熱利用システムの設置」が2件(ポイント発行数4万ポイント)、「節水トイレの設置」は3906件(ポイント発行数7842万ポイント)、「高断熱浴槽の設置」が2992件(ポイント発行数5986万ポイント)となった。
なお累計の発行ポイント数は1257億6498万5000ポイント。住宅エコポイントは7月末で終了の予定となっている。