リクルートは同社が運営する就職情報サイト「リクナビ」会員の大学生の内定率を取りまとめ発表した。

 調査時点での大学生の内定率は40.3%となった。また、就職活動終了率は22.1%だった。前年度の2011年卒の内定率と比較すると6.5ポイント低い。就職活動終了率も14.8ポイント低い。

 文理系別にみると、内定率は文系で39.6%、理系41.9%となっている。理系大学院生の内定率は、58.3%と大学生全体の40.3%より18ポイント高い。

 同調査は、リクナビ会員の大学生・大学院生を対象に、5月23日〜30日の就職活動の状況をまとめたもの。集計対象数は、2681人(大学生1921人、理系大学院生760人)で回収率は0.62%だった。

【東大・一橋・早大 就活生座談会】上位校学生も悩ませる就職情報洪水
新卒採用活動の課題と新たな動き〜地方大学の眠れる原石を探す、質重視の母集団形成が主流に
厳しい就活 学生の就職志望企業に変化

日本人材ニュースCarrera」は働く人のためのキャリアニュースサイトです。