「Graphic Design in Japan 2011」掲載の優秀作品300点が集結 ミッドタウン

写真拡大

 東京ミッドタウン・デザインハブが、第28回の企画展で「日本のグラフィックデザイン2011」を開催する。日本グラフィックデザイナー協会の選考によりデザイン年鑑「Graphic Design in Japan 2011」に掲載される優秀な作品約300点が一同に集結。 会期は2011年6月10日から7月18日まで。

GDJ優秀作品300点が集結の画像を拡大

 「日本のグラフィックデザイン2011」は、アジア最大級のデザイン団体・日本グラフィックデザイナー協会が毎年発行するデザイン年鑑「Graphic Design in Japan」の2011年度版の発行を記念して開催される企画展。「Graphic Design in Japan」掲載作品から約300点を集め実物と映像で展示を行う。ポスター、広告にはじまり、シンボル・ロゴや書籍、身近な商品パッケージから店舗や施設などの空間構成、ウェブサイトなどのインタラクティブメディアまで、世界に誇る日本のグラフィックデザインの今を感じることができる。

 また、同企画展に合わせて「JAGDA賞2011」、「JAGDA新人賞2011」授与式、 JAGDA受賞者によるトークショーなど関連イベントも開催される予定。トークショーには、「Graphic Design in Japan」の編集長 佐藤 卓や服部一成ら日本を代表するアートディレクターがゲストとして参加する。

 「Graphic Design in Japan」は、日本の多種多様で質の高いグラフィックデザインを国内外に紹介する書籍として1981年に創刊された。JAGDA賞/JAGDA新人賞、ポスター、シンボル・ロゴ・タイプフェイス、ブック・エディトリアル、新聞広告・雑誌広告、パッケージ、環境・空間など過去1年の優れた作品を選考・掲載しているほか、選考委員による各カテゴリー選考評なども収録している。

■イベント概要
東京ミッドタウン・デザインハブ第28回企画展「日本のグラフィックデザイン2011」
英文名称: Tokyo Midtown Design Hub 28th Exhibition: Graphic Design in Japan 2011
会 期: 2010年6月10日(金)~7月18日(月祝) 11:00-19:00 会期中無休
入場料: 無料
会 場: 東京ミッドタウン・デザインハブ (東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー5F)
主 催: 東京ミッドタウン・デザインハブ http://www.designhub.jp