無印良品がTwitterでミニギフトサービス開始

写真拡大

 無印良品が、"贈りたい人に、贈りたいときに贈る"をコンセプトにしたギフトサービス「無印良品×giftee」を開始した。Twitterと実店舗を連動させた画期的なサービスになっており、日頃の「小さなありがとう」の気持ちをギフトとして簡単に贈ることができるというもの。無印良品の一部店舗で注文したギフトを受け取ることができる。

無印良品がTwitter新サービスの画像を拡大

 gifteeは、Twitterを通してお礼の言葉やお祝いの言葉を交わす感覚で簡単な贈り物をすることができるという会員制コンテンツ。まずgiftee会員登録後にギフトを贈りたい相手のTwitter IDを入力。その後、画面上の商品から相手に贈りたいギフトを選択し、ギフトカードへメッセージを入れてカード決済するという流れになっている。

 新サービス「無印良品×giftee」では、gifteeコンテンツ内で「無印良品」の商品からギフトを選ぶことができる。ギフトの受け取り主は「無印良品」店舗へ行き、送られてきたギフトカードのリンクを携帯で表示。店舗スタッフに「ギフトを使いたい」と伝えパスワードを入力すると商品を受け取ることができる。「無印良品×giftee」の対象店舗は、無印良品が新たに展開しているカフェ業態「Cafe & Meal MUJI南青山」や「MUJI東京ミッドタウン」、「MUJI新宿」、「MUJI銀座松坂屋」の4店舗。「Cafe & Meal MUJI南青山」では店内のコーヒーやカフェオレ、スウィーツをギフトの対象としており、その他の店舗では、バナナバウム&スイートポテトバウム、凍頂烏龍茶、洗顔石けん(ストレス肌用)などを提案している。ギフトの価格帯は105〜1000円程度。今後は選べるギフトアイテムを一層充実させ、受け取り可能な店舗も増やしていく予定。

■無印良品サイト
http://www.muji.net