K-1角田信朗氏 「過食嘔吐していた過去」を告白

写真拡大

 空手家でK-1統括プロデューサーの角田信朗氏(50)がブログで、過食嘔吐をしていた過去を告白している。

 角田氏は、K-1がスタートした当時、責任の重さと肉体と精神のストレスとから、苦しくなるまで食べ、トイレで全部吐くという行為を繰り返していたとのこと。そんな当時の自分を、角田氏は「僕は知らず知らずのうちに 過食嘔吐という自傷行為によって自分の心のバランスを取っていたんです」と振り返っている。

 40歳になってこれではいけないと目が覚め、今では節制を心がけているものの、「それでもストレス溜まるとついつい過食に走ることはあります」と明かし、「格闘技で心身鍛えてもコントロール出来ない部分がある…僕にもそんな弱い部分があるんですというお話しでした」とつづっている。

 コメント欄には、「日記を読んで、私も心が少し軽くなった感じです。ありがとうございます」「この記事を見てもぅ少し頑張ってみようと思いました」「ちょっとだけ頑張って生きていける自信がつきました」など、励まされたという感謝の声が続々と寄せられている。

 ファンからは「女磨き強化月間がんばってください!」「減量おめでとうございます」などの声が寄せられている。

【関連リンク】
過食嘔吐(角田信朗オフィシャルブログ 傾奇者日記)
1.7万円勝った角田信朗 桑田佳祐からメール来て喜ぶ
亀甲縛りの栗山夢衣、病院で過食症じゃないか? と言われる
釈由美子 ラーメン完食できず「三十路すぎの悲哀」
角田信朗のブログニュース