omega_Co-Axial Chronograph2.jpg2011年3月24日〜31日、スイスで開催されたバーゼルワールドにて、OMEGA(オメガ)は『スピードマスター コーアクシャル クロノグラフ』を発表しました。

「スピードマスター」の象徴的な存在であるクロノグラフという伝統と、世界が誇る機械式時計のムーブメントとの融合が実現した新コレクション。今秋に発売予定。







(写真は『スピードマスター コーアクシャル クロノグラフ』
   SSケース×アリゲーター  74万5500円  税込・予価))

オメガのスピードマスターといえば、デビューから50年以上経過し、いわゆるクラシック・クロノグラフの代名詞的存在なのはご存じの通り。頑丈で、高い信頼性、そして、時代を超越したデザインが長く愛されている理由なのです。さらには、1969年7月、月面にて着用された「ムーンウォッチ」という愛称でも親しまれていますね。


omega_smt.jpg「スピードマスター・プロフェッショナル」を連想させるケース。
ブラックのレザーストラップ、もしくはステンレススティールのブレスレットが選べる。


今年、スピードマスターのコレクションは、オメガの「コーアクシャル・キャリバー9300」を搭載した新しい革新的なモデルを追加。それが写真上の『スピードマスター コーアクシャル クロノグラフ』。中心となるエレメントは、黒い文字盤、ムーンウォッチ・スタイルの針など、オリジナルのスピードマスター プロフェッショナルと共通するものもありますが、他のモデルでは見られない特徴があるのです。


omega_Co-Axial Chronograph3.jpg”ハンバーガー”とい愛称を持つ側面からは、美しいムーブメントを堪能できる。


ご覧のように、エレガントでスリムなボディーを採用しています。風防だけでなく、ケースバックにもボックス型のサファイアガラスが使われているので、サイドから見ると、2つのガラスにはさまれた様子が“ハンバーガー”というニックネームで社内で呼ばれているとか。ボックス型ガラスの採光性とケースバックの無反射加工が相まって、中のムーブメントが一般的なバックスケルトンより非常に美しく見えます。

また、「スピードマスター」の文字盤といえば、サブダイヤルが3個のイメージですが、このモデルは2個。そのため、3時位置にある同じサブダイヤルに12時間と60分の積算計を置くというデザインに変更しています。このことで、一瞬で戸惑うことなくクロノグラフを読み取ることができます。

omega_Co-Axial Chronograph_casebac.jpgシースルーのケースバックから見えるムーブメント。


搭載される『キャリバー9300』は、高い耐久性と機能性を同時に実現するために、開発に6年を費やした新しいムーブメント。『オメガ』独自の脱進機である「コーアクシャル」が2層構造から3層構造になったことで、効率的なエネルギー伝達と安定した計時性能を備えています。また、クロノグラフの作動を制御する「コラムホイール」も3層構造を採用。これは誤作動、衝撃にからクロノグラフ機構を守る、いわばクロノグラフの保護機能です。さらに、シリコン製ヒゲゼンマイを搭載しており、シリコンの非磁性という性質が、磁場の影響を防ぎ、非常に高耐久性を実現。4年間という非常に長い保証期間が与えられている理由はここにあるのです。


omega_smg.jpgワンランク上の美しい存在感のオレンジゴールドモデル。 223万6500円 (税込・予価)


また、目の覚めるような美しさの18Kオレンジゴールド、エレガントなプラチナ950が、別モデルとしてラインナップ。両モデルとも、文字盤はブラックセラミック、インデックスと針には18Kゴールドが使われているほか、ムーブメントには、「コーアクシャル・キャリバー9301」が搭載されています。



 【スピードマスター コーアクシャル クロノグラフ】

 ■基本情報
 ・価格        : SSブレス&ケース       75万6000円 (税込・予価)
              SSケース×アリゲーター 74万5500円 (税込・予価)
              オレンジゴールド       223万6500円 (税込・予価)
              プラチナ                306万6000円 (税込・予価)
 ・発売        : 今秋  
 ・パワーリザーブ   : 約60時間
 ・サイズ       : 直径44.25mm
 ・振動数       : 28,800振動/時
 ・ガラス       : サファイアガラス
 ・防水        : 100m
 
 ■ムーブメント『Calibre 9300/9301』
 ・仕様        : 自動巻き、コーアクシャル搭載、コラムホイール式、クロノグラフ、
                                シースルーケースバック、ねじ込み式リュウズ&裏蓋、シリコン製ヒゲゼンマイ
 ・石数        : 54石


【問】オメガお客様センター tel: 03-5952-4400
  URL: http://www.omegawatches.com





■関連記事
【バーゼル新作情報】ベル&ロスが 『VINTAGE WW1 RESERVE DE MARCHE』を発表
【バーゼル新作情報】Bell&Rossより『BR 01 レッドレーダー・リミテッドエディション』を発表
【バーゼル新作情報】エルメスより『アルソー タンシュスポンデュ』が発表
【バーゼル新作情報】ショパールが『L.U.C エンジン ワン トゥールビヨン』の新モデルを発表
本物の芝をインデックスに採用!?ウブロが 『キング・パワーレッドデビル』を発表
オーデマ ピゲが『Audemars Piguet Japan Cup Powered by Faust A.G.』第1回を開催
【バーゼル新作情報】ブヘラが 『パトラビ エボティック カレンダー』を発表
【バーゼル新作情報】コルムが『ゴールデンブリッジ・オートマチック』を発表
【バーゼル新作情報】グッチが 『グッチ クーペ 90周年アニバーサリー スペシャルエディション』及び『G-タイムレス スポーツ X ラージ』を発表
【バーゼル新作情報】 モーリス・ラクロアが『マスターピース・ルー・カレ・セコンド』を発表