教会の革命か? オープン・ドア・チャーチとは

写真拡大




みなさんは、オープン・ドア・チャーチをご存知だろうか?
直訳すると“開かれた扉の教会”、つまり、どんな教派であっても受け入れてくれる教会を指す。たとえ、プロテスタントだろうが、カトリックだろうが、その門戸は開かれているのだ。

これは、アメリカのカリフォルニア州で始まった新しいスタイルであり、今後この流れをくむ教会が増えてくると予想される。
仏教で説明すると、浄土真宗、真言宗、日蓮宗など、宗派の違いを乗り越えて、同じお寺で拝みましょうということになるのだろうか。
そんなオープン・ドア・チャーチを、サンフランシスコで訪ねてみた。

入口から中へ入ると、明るく開放的なロビーがある。一番に目を引くのは、美味しそうなドーナッツ、ベーグルパン、コーヒー、紅茶などが用意されているテーブルだ。これらの軽食は、寄付をしてから、いただくことができる。寄付金は、1ドル程度で大丈夫だ。
おかわりして好きなだけ食べることが可能だが、みな行儀よく1つしか取らない。一人が欲張って取り過ぎると、他の人に回らないためで、助け合い、譲り合いの精神が息づいている。

また、奥にはバーカウンターが用意され、アルコールの提供をしている。もちろん、この場所でもきちんと寄付をしないと失礼にあたる。飲み過ぎて酩酊状態になっている人などいない。
子どもを連れた家族の姿が多く見受けられる。教会の中に託児所があるため、親たちは安心して礼拝を受けることができるためだ。

やがて時間になり、礼拝が始まった。ロビーには、モニターが設置されていて、中に入らなくても参加ができるようになっている。

礼拝堂の中は薄暗く、ステージの上部に大きなスクリーンが3枚設置されている。この教会では、讃美歌の演奏に、オルガンを使用しない。代わりにバンドマンたちが演奏をする。ボーカル、ギター、ドラム、ベース、とかなり本格的な編成だ。もちろん、アコースティックの演奏ではない。

歌詞はスクリーンに映し出される。もちろん英語のみだ。
……と、ここで、聞き覚えのあるイントロが流れ始めた。
あろうことか、ローリングストーンズの『悪魔を憐れむ歌』にそっくりなのだ。もしやこのままあの曲を歌うのだろうか……。
心配になり始めたところで歌が始まり、突然に曲調が変化する。
イントロはそっくりだったが、やはり普通の讃美歌だった。
余計な心配など必要なかった。当たり前といえば当たり前だ。

歌に続き、お祈りの時間、報告と続いていく。恋人同士、夫婦などは手をつないでいる。さすがゲイにオープンなサンフランシスコらしく、ゲイと思われるカップルが堂々と頬をすり寄せあっていた。

そして、いよいよ牧師さんの登場である。直接礼拝堂に来るのではない。他の会場と中継で繋がっていて、スクリーン上に映像が映し出されるのだ。
ここでもまた驚いた。牧師さんがジーンズを履いている。スーツ姿の牧師さんが多い日本では、考えられないことだ。やはり自由の国アメリカならでは。
牧師さんの話が終わると礼拝は終了となる。

日本でも、2011年2月末、同じような施設がオープンした。札幌に誕生した同所は、“オープン・ドア・チャペル”と名付けられている。

同じように神を信じ祈るのなら、教派の違いを乗り越えて、みながひとつになる。ありそうでなかった、素敵なコンセプトではないだろうか。
もし機会があれば、一度訪れてみては、いかがだろうか。日本の教会をご存知の方なら、カルチャーショックを受けること間違いなしである。

※礼拝、牧師、讃美歌という表現は、オープン・ドア・チャペルの表記を参考にさせていただきました。

参考サイト
・オープン・ドア・チャーチ(アメリカ)
http://www.thedoor.org/
・オープン・ドア・チャペル(日本)
http://www.e-opendoor.net/

※この記事はガジェ通一芸記者の「ももぷに」さんが執筆しました。

■関連記事
【『ニコ生』珍事件簿】出会い厨の新形態“エア歌い手”あらわる
“照英の画像くださいbot”が話題
「寺社マルシェ」に行ってみた=青空個展・日暮里てづくり市
AGC38正式デビュー! 記者発表会イベントに潜入してきた
ネット住民大騒ぎ! 奇跡のクオリティー 静岡県のケーブルテレビ番組『わんパラ』