秋田県のボランティアサークル「ててぽぽの会」は、東日本大震災で津波の被害を受けた宮城県山元町にて、がれきを撤去するボランティアに参加した際、被災した子供たちからはゲームで遊びたいという声が多く聞かれたことから、ゲーム機やゲームソフトを集めている。

インターネット掲示板などを通じて募集を呼びかけたところ、全国から多くのゲーム機やゲームソフトが集まり、その一部が写真で公開されている。

【記事:猫またぎ】



■関連記事
【SCEJ】PlayStation Network全面再開時に提供される「感謝とおわびのパッケージ」の内容が明らかに
【おやつ】フリスクから3万円が毎日!?・・・ひらめきを刺激する「FRISK QUIZ」
【おやつ】クラシエフーズ株式会社『なぞなぞねるねる』を発売
【ニコニコ動画】「バイオハザードを恋のツールに使わないで!」―カプコン名物宣伝マンがニコ生出演で大暴走
日々命題-HOT時事WORDをすかさずCHECK- 今日の話題ワード「山口もえ夫」