【2011-2012秋冬新作情報】ボッテガ・ヴェネタからフリンジ付き「カバ」新作が登場
bottegaveneta_cabat_b.jpgBOTTEGA VENETA (ボッテガ・ヴェネタ)の2011-2012年秋冬コレクションは、長い歴史のあるメンズアイテムの実験ラボのように、異素材を組み合わせたり、異なるコンストラクションを取り入れるなど、意外な方法で作り変えることでウェアの領域や活用性を追求しています。
その考え方は、ボッテガ・ヴェネタの顔でもあるバッグ「カバ」新作にも表れています。

(写真は2011-2012年秋冬コレクションの「カバ」 152万2500円・税込)


今回のコレクションのカラーパレットは、ムードのあるダークカラーが特徴。
写真のジャケット、パンツに使われているエスプレッソブラウンは、まさにボッテガ・ヴェネタを象徴する色です。このコーディネートに合わせてモデルが手にしているのは、やはりエスプレッソブラウンの「カバ」の新作。

毎シーズン、素材を変えて登場する「カバ」ですが、今回、お馴染みのイントレチャートを新鮮に見せているのは、バッグ全体にあしらわれたフリンジです。
ほかのバッグのトリミングにも使われているこのフリンジは、さりげなくパンキッシュ。一見、ヴィンテージ風にも見えるこのデザインは、シンプルな着こなしに深みとこなれた印象を与えます。




bottegaveneta_cabat_a.jpg今シーズンのコレクションは、細身で身体にフィットしているのが特徴。
ジャケット 23万6250円、シャツ 4万6200円、パンツ 6万1950円、
ベルト 6万3000円、ブーツ 11万5500円、
バッグ「カバ」152万2500円(すべて6月中旬入荷予定)/すべてボッテガ・ヴェネタ ジャパン




bottegaveneta_cabat_b.jpg全体にフリンジがあしらわれ、その斬新なアイディアは、
ヴィンテージ風にも、パンキッシュにも見えます。
バッグ「カバ」152万2500円(6月中旬入荷予定)/ボッテガ・ヴェネタ ジャパン



ブランドロゴを強調しないという、ボッテガ・ヴェネタのフィロソフィーから生まれた「カバ」。誕生当初、ロゴがなく、イントレチャートの手法を用いたレザートートバッグは、ファッショニスタが飛びつき、“分かる人にだけ分かる”高度な自己表現でした。

今シーズン、登場した最新の「カバ」は、ボッテガ・ヴェネタの最新のフィロソフィーが反映されています。
その存在がメジャーになったいま、クリエイティブ・ディレクター、トーマス・マイヤーの新しいメッセージがこめられた「カバ」新作で、高度な冒険をしてみませんか?



 【問】ボッテガ・ヴェネタ ジャパン  tel:0570-000-677
 URL:http://www.bottegaveneta.jp/ja_JP/





■関連記事
【東日本大震災復興支援】ボッテガ・ヴェネタがチャリティー・キーチェーンを発売!
【東日本大震災復興支援】コーチから限定チャリティーアイテムが登場!
ランセルがメンズラインに新アーティスティック・ディレクターを起用、バーニーズ ニューヨークにてイベントを開催!
ルイ・ヴィトンから『スピーディ・バンドリエール』が登場!
【「東日本大震災」復興支援】ケイスが「AID FOR BED」を支援するチャリティ・トートバッグを販売開始
【「東日本大震災」復興支援】コーチがオンライン ストア売上の10%寄付を発表
【新作情報】ブリックスとカンパリのコラボコレクション『CAMPARI LIMITED EDITION by BRIC'S』
【新作情報】コーチから『ハンプトンズ コレクション』キャンバストートバッグが登場
ルイ・ヴィトンから新作バッグダミエ・アヴァンチュール シリーズ"プラクティカル"が登場
【「東北地方太平洋沖地震」復興支援】エミリ・オプッチが義援金サポートを発表