ザ・スーツカンパニーの節電ビズポロが激売れ、昨年比5倍増

写真拡大

 「THE SUIT COMPANY(ザ・スーツカンパニー)」が、2011年5月に発売した「半袖シャツ」の売上が既に昨年比の5倍増(5月31日現在)となっていることを発表した。"節電ビズ"の需要を受けて展開をスタートした3タイプの「半袖シャツ」には、今夏の蒸し暑い気温を快適に過ごす為の工夫が施されており、20代〜30代前半の若い男性を中心に高い支持を集めているようだ。

スーツカンパニーの節電ビズポロ激売れの画像をもっと見る

 「ザ・スーツカンパニー」は、紳士服店最大手 青山商事の運営するスーツ専門店。東北地方太平洋沖地震の影響を受け、冷房や電気機器等の使用を控えた節電対策が広まる今夏、「ICE COTTON 半袖シャツ」、「クールマックス素材 吸汗速乾 半袖ドレスシャツ」、「アルティマ吸汗速乾 半袖シャツ」の清涼素材を使用した「半袖シャツ」3ラインアップを提案。勤務中にスーツの着用を義務づけている企業の多い日本社会で少しでも涼しく過ごせるようにデザインされている。

 ボタンダウンの「ICE COTTON 半袖シャツ」には、スイスの名門SPOERRY(スプーリー)社が開発した手が触れた瞬間に「冷たく」感じる接触冷感の糸を採用。シャツに袖を通した時のひんやりとした肌触りが最大の特徴となっている。そのほか、スポーツの分野でトップアスリート達が多く使用している吸汗速乾性に優れた快適素材クールマックスを採用した「クールマックス素材 吸汗速乾 半袖ドレスシャツ」、乾燥性と生地物性に優れ、洗濯など取扱いが簡単な生地としてベースに東洋紡生地のアルティマを用いた「アルティマ吸汗速乾 半袖シャツ」の計3タイプを発売中。価格は3,990円(税込)から。なお、6月以降には「ICE COTTON 半袖シャツ」から同素材、5色展開のワイドカラーシャツを発売する予定。

■THE SUIT COMPANY
http://www.uktsc.com/