1年ぶり東京コレクション[JFW] 10月開催決定 ブランド支援事業スタート

写真拡大

 日本ファッション・ウィーク推進機構が6月7日、第13回「東京発 日本ファッション・ウィーク」の開催概要を発表し、参加メゾンの公募を開始した。東日本大震災により第12回は中止されたため1年ぶりの開催となり、会期は10月15日(土)〜10月23日(日)。今季より、新人クリエイター企業を発掘・支援する「クリエイション・ビジネス化支援事業」が始動する。

JFW10月開催決定の画像を拡大

 日本最大のファッションイベント「東京発 日本ファッション・ウィーク(JFW)」は、日本の繊維・ファッション産業のさらなる国際競争力の強化、発展を図ることを目的に開催。日本ファッション・ウィーク推進機構は、東京を「世界の繊維・ファッション基地」の一つとして確立すると共に、アジアの中心的なファッション発信拠点とすることを目指している。2011年10月開催の第13回「JFW」の期間中、ファッションショー、インスタレーション、映像配信などが行われるメインイベント「東京コレクション・ウィーク」の開催は10月16日(日)〜10月22日(土)の7日間。節電を意識した取り組みなども実施する。

 また、今シーズンよりJFW事業の一環として経済産業省の支援を受けて「クリエイション・ビジネス化支援事業」をスタート。6月7日に申し込みを開始した。日本を代表する新人クリエイター企業を発掘し、モノづくりや情報発信、流通を支援することでグローバルに展開する足がかりとする。選考委員会では、理事長の太田伸之(JFW理事 / 松屋常務執行役員MD戦略室長)氏をはじめ、生駒芳子(ジャーナリスト)氏、栗野 宏文(ユナイテッドアローズ上級顧問)氏、源馬大輔(クリエイティブディレクター)氏、高橋牧子(朝日新聞社)氏、吉井雄一(THE CONTEMPORARY FIX & PARIYAオーナー)氏など、ファッションビジネスの現場において活躍している識者を委員とする「JFWコミッティ」を編成。7月末に支援ブランドが決定する。日本ファッション・ウィーク推進機構は新事業により、日本のクリエイション・ビジネスの更なる活性化を推進する。

■第13回「東京発 日本ファッション・ウィーク」
 会期:2011年10月15日(土)〜2011年10月23日(日)
    東京コレクション・ウィーク:10月16日(日)〜2011年10月22日(土)
 会場:東京ミッドタウン・ホールHall A、その他 各会場
 内容:ファッションショー、インスタレーション、映像配信
 参加メゾン公募開始:6月7日
 参加メゾン公募締め切り:6月30日
 参加メゾン発表:7月末(予定)