AMBELL、2011-12秋冬の最新コレクション

写真拡大

 デザイナー 門野 文蔵(かどの ぶんぞう)が掛ける「AMBELL(アンベル)」が、2011-12年秋冬コレクションを発表した。3シーズン目となるコレクションのテーマは"INTEGRATION OF FIELD"。

 「AMBELL」というブランドの名前は、アンバー(琥珀)とベル(鈴・鐘)を合わせた造語。「ベーシック」を基本に古いものと現代のものとを対比させながらメッセージ性のあるアイテムを提案している。今シーズンは「50's Style」、「Abstract」、「Practicality」をキーワードに、アーティストBarnett Newman(バーネット・ニューマン)からインスパイアされた鮮やかな色彩のコレクションを展開。1950年代のエレガント且つフェミニンなシルエットにアーティザナル(職人技術)を用いた"異なる要素の融合"が特徴となっている。服を着る女性が内面からラグジュアリーを感じることができるよう、長く着ることで風合いの出る生地や肌触りの良い生地を使用している。


AMBELLのコレクション画像を見る