関西から“音楽の持つ感動と元気”を! 司会は宮根誠司

写真拡大

6月11日(土)、讀賣テレビ主催の東日本大震災チャリティーライブ「Sing for EAST」が神戸国際会館こくさいホールで開催される。

東日本大震災チャリティーライブ「Sing for EAST」ロゴ

阪神・淡路大震災から16年、甚大な被害を受けながらも困難を乗り越えて復興を遂げた神戸の街。会場となる神戸国際会館は震災当時に全壊しながらも、1999年に再オープンを果たした。現在は神戸復興のシンボルともなっているこの場所から、当時の神戸に届けられた励ましへの感謝、そして被災地復興への願いを、音楽と共に届ける。

司会に宮根誠司、出演アーティストにET-KING、スキマスイッチ、SPEED、FUNKY MONKEY BABYSのほか、被災した福島県のスパリゾートハワイアンズからフラガールたちの出演が決定。

ライブの模様はインターネットを通してリアルタイムで配信され、被災地各所の避難所に設置されたテレビモニターで視聴することができる。また、ライブの模様は収録され、特別番組として讀賣テレビで6月30日(木)25:08から放送を予定している。

チケットの売上及び会場募金箱に寄せられた募金は“24時間テレビ”を通じて全額、被災地への義援金として寄付される。さらにイベント会場では岩手・宮城・福島・茨城の各被災県の物産展も開催される。

【出演者からのメッセージ】

宮根誠司:被災者の方々にも元気になってほしいけれど、これからお手伝いする僕たちも元気じゃないといけません。一緒に元気を出して頑張りましょうというメッセージを届けたい。僕たちみんなで“もう一歩、前”に行きましょう!

ET-KING:いつも通り精一杯、いつも通り全力でステージを作り上げたいです。ひとりでも多くの皆さんに、笑顔になってもらえたらええなぁと思います。あなたの大切な人のためにも、自分を大切にして下さい。長い時間をかけて応援させてください。

スキマスイッチ・大橋卓弥:少しでも早くみなさんが笑顔を取り戻せるよう、僕も出来る限りの事をしていきたいと思います。

スキマスイッチ・常田真太郎:音楽を通じてできることはたくさんはないのかもしれませんが、少なくもないとも思うのです。 被災地では本当の意味での日常を取り戻してもらうため、そうでない地域では震災を忘れないため。もし良ければ耳を傾けていただけたらと思います。音楽の力、信じています。

SPEED:あらためて、このたびの震災で被災された方々へ心からお見舞いを申しあげます。引き続き厳しい状況が続きますが、一日も早く、被災地に、そして日本中に笑顔が戻りますように。

FUNKY MONKEY BABYS:まだまだ不安もたくさんあるとおもいますが、僕たちも継続的にできる限りの支援を行っていきますので、一緒に頑張りましょう!

いわき市スパリゾートハワイアンズ・ダンシングチーム:震災に負けずに日本中に笑顔と、元気と希望をお見せします。そして、皆さんとの絆を深めていきたいと思っています。地元福島県のため、いわき市のために、私たちができることは元気に踊ることです。“フラで日本中を元気に笑顔にしたい”この思いを胸にステージへ上がります。【東京ウォーカー】

【関連記事】
韓国俳優パク・ジェジョンがチャリティーイベントを開催! (東京ウォーカー(全国版))
奥田民生や斉藤和義らミュージシャン10組の“チャリティー扇子”発売 (東京ウォーカー(全国版))
声優の井上和彦ら“声援団”、全国各地でチャリティー活動継続中 (MovieWalker)
津波で埋もれた「金華さば」の缶詰を販売!復興支援の新たな形に (東京ウォーカー(全国版))
新ご当地メシ“フラ丼”も!「フラガール」の町の野望とは (東京ウォーカー)