スマートフォンで操るラジコンヘリ『AR.Drone』がAndroidにも対応へ

写真拡大




仏パロット社は、アメリカで開催中のゲームイベント『E3』で、『AR.Drone』の対応OS追加と新ゲームについて発表しました。『AR.Drone』は、iPhone/iPad/iPod touchをリモコンにして操作できるラジコンヘリコプター。ローターを4基搭載したクアッドリコプターの構造で、スマートフォンの画面をタッチしたり傾けて操作ができます。

iOSに加えて、Androidに対応。7月に『AR.Drone』の操縦アプリを『Androidマーケット』で公開します。公開中のSDKを使用して、iOSとAndroidのほか、badaやSymbian向けにも『AR.Drone』アプリケーションの開発が可能になります。

新ゲームアプリ『AR.Race』は、1〜4人のプレイヤーが参加して同じコースで競争するゲーム。別売り予定の障害物を組み合わせると、最大5種類のコースで遊ぶことができます。アプリは『AppStore』で無料で公開中。今後は1台の『AR.Drone』を2人のプレイヤーで遊べるゲームを公開予定とのこと。iPhoneユーザーとAndroidユーザーが一緒に遊べたら楽しそうですね。



■関連記事
【東京ゲームショウ2010】iPhoneアプリに感じる期待と悩み
無料通話できるアプリ『Viber』のAndroid版を先行入手! iPhoneユーザーとも通話可能
【アプリ】facebookユーザー同士で無料通話アプリ『Reengo』が凄い! これで通話料節約
NTTドコモがAndroidスマートフォン『GALAXY S』『LYNX 3D』とタブレット『GALAXY Tab』のOSバージョンアップを6月7日に一挙実施へ
水洗い&丸めて持ち運べる! 『iPhone/iPad Bluetooth シリコンキーボード』