新作オンラインゲーム「KNIGHTS of KINGDOM」のオープンβテストに参加してみた。

写真拡大

(画像:KNIGHTS of KINGDOM公式Webサイトより)
© 2011 Lager./Vector Inc. 2011 All Rights Reserved.

ラクに遊べて楽しいMMORPG。ベクター・GAMESPACE24が運営する新作MMORPG「KNIGHTS of KINGDOM(以下KoK)」のオープンβテストが6月1日から始まった。

どんなゲームかと簡単に説明すると「オート機能が豊富でラクラクなMMORPG」で戦闘・移動・アイテム売却等の様々な面でオート機能を利用できる。

一般的なMMOとは大きく違いアイテム使用やスキル発動もオート機能で設定できるので、プレイ中に他の作業を行う事も十分可能だ。(ちなみにこの記事を書いてる今現在もプレイ中)

このゲームの面白さ
このゲームの面白さ、それは対人戦要素と独特なゲームスタイルであろう。

対人戦というのは最近のMMOにおいてほぼ必ずと言っていい程搭載されている機能だが、KoKではゲーム開始時に7つの世界のどこに所属するかを決めて他の世界全てが敵というスタイルになっている。

そして定期的に開催される戦争イベントで各世界のプレイヤーと戦う事ができ、活躍したり勝利することで賞品を得られる。
イベント以外でも条件を満たしていれば他の世界に侵入してプレイヤーを襲う事も可能だ。

この7つの世界に分かれて戦うというスタイルにより「1:1」「1:1:1」といった生ぬるい戦いではなく常にどこの陣営も「1:6」という緊張感のある戦いが楽しめる。しかし常に「1:6」というわけでなく、場合によっては「2:1:4」という戦いになる事もあるだろうが、そういった世界間の駆け引きも楽しめそうだ。

他にもペット(妖精)機能や騎乗機能、ハウジングなどの要素もそろっており、ゆったりマイペースに楽しむ事も可能だ。さらにレベルアップに欠かせない経験値稼ぎという作業に関しても、様々な方法がありクエストや狩りだけでなくペットの機能やミニイベントに参加することでも大量の経験値を稼ぐ事が出来る。

実際にやってみて
気がつくと長時間プレイしている。それもそのはず。ゲームしながら動画をみたり、仕事したり、と「ながら」でできるからだ。気が付いたらもうこんな時間かといった具合だ。

ゲーム画面を確認するとレベルが上がっていたり、クエストが完了していたりする。これは楽チンだ。

定期的に開催される戦争イベントにも参加したが、専用のマップで行われ、各界からの参加者が自陣の守護石を守りながら他の守護石を破壊する事で勝敗を決するシステム。

多人数が入り乱れて戦うからこその面白さがあり「守りが手薄でピンチだ!」「あそこの守護石を攻めるチャンスだ!」とみんなが協力し合い楽しんでいた。

まだまだ始まったばかりの「KNIGHTS of KINGDOM」これからどのようなゲームに成長していくのか…今後が非常に楽しみだ。

【記事:雨音】


▼外部リンク
KNIGHTS of KINGDOM公式Webサイト

■関連記事
【懐かしいゲーム特集】「マーブルマッドネス」(アーケード版)
【懐かしいゲーム特集】「Mr.Do!」(アーケード版)
【コミック】「デカスロン」を読む。
”けいおん!!”二次元生活セットが9月発売!
Wii後継機が発表!!「WiiU」はタッチスクリーンつきコントローラー