フジライト 2011秋冬商品提案会は「プラス・プレゼン」で

写真拡大

フジライトカーペット(株)では、6月1日(水)〜3日(金)までの3日間、東京本社特設会場にて「2011秋冬商品提案会」を開催した。テーマは、何かを足す・強化する・組み合せる(付加)「プラス・プレゼン」。その効果で商品や売場の鮮度をあげるMDプランを策定し、「ハンサム・カーペット」と名付けて、3つのMDポイトから新しいカーペット像を提案した。

第1のポイントは「ニューパワー」。商品展開として、1つは、カーペットデザイナー田村尚がアフリカの力強さをイメージに、再生への思いを託したシンプルモダンのフックラグ「ミックスマッシュ・セレンゲティとマトボ」。2つ目は、DOMOTEXでトップクラスと評価の高い「ゾランバリ」の商品。新しい織り方の毛足の長い革新的なギャッベで、シンプルなデザインながらインパクトのあるカラーが特徴である。

第2のポイントは「ナチュラル&エコロジー」。商品展開として、1つは、新しいナチュラル感覚・スティルネス(静けさ・平静の意)をテーマとした、この秋冬一押しの商品群「ノマディック・シリーズ」で、無染色のウール使用の『ノマディック2』と、洗練されたナチュラル感の『インドロリバフ』、『ソフトギャベ』の3品種を提案した。2つ目は、カントリーサイドをテーマとした「田園生活・コットン・キリム」。ソフトで優しさあふれる商品群である。3つ目はアフガニスタン段通で素朴な手作り感の「部族民の素敵なじゅうたん」。好みのインテリアにフィットする。

そして第3のポイントが「トラディショナル&ステータス」。商品展開として、1つは、ヤクの滑らかさ、綿羊の肌触りの良さと清潔感、鮮やかな色調とツヤの絹…3種類の特徴を生かした『メイホウ』と、丈夫なウール糸と天然シルクの『キレンザン』。人気の緞通シリーズ。2つ目は、ニュージーランドウール100%使用で、日本の住宅環境に合わせ易いカラーリングの「人気の定番・パキスタン緞通-1」「同-2」で6種類。3つ目は、ベルギー、中国、モルドバを原産国とする「ロングセラー商品群・ウイルトン織りカーペット-1」「同-2」で9種類。4つ目は、スタイリッシュなヨーロピアンデザインの「ブランドカーペット/JABの2011秋冬コレクション」。5つ目は、上質なコットンを使いモケットで表現した人気のコレクション「ヨーロピアンエレガンス・コモコローレ」。

また、催事企画として、2つのイベントプランを提案した。その1は、「田村 尚」の世界展。外商様提携企画として、美術画廊やギャラリースペースなどの展開も…。その2は、特別展「ペルシアの絨毯工房」。研究図書「同」をモチーフに、シルクロード美術絨毯展を開催。ペルシア絨毯市場に「ブランド」というカテゴリーを創出、外商顧客を中心とするVIP顧客層をターゲットとして、新たな商品需要の創造を図る。