これほど嫌われている総理大臣も珍しい【エモやんのワイルドピッチ】

写真拡大


今回は政治について・・・

菅総理への不信任案の一件はいろいろと騒がれたが、しかしこれほど嫌われている総理大臣も珍しい。

かつて森総理も世間からバッシングを受けて大変だったが、すぐに辞めている。森さんも何故か嫌われる風体であったが、オレは長くお付き合いさせてもらっていているが実際はとても良い人だ。

オレが参議院議員時代、民主党と合流、合体して新民主党となって以来、この菅さんと6年間ほどの付き合いだった(1998〜2004年)が、実体も好きになれないタイプの人だった。権力志向はわかるが、これほど自分のことしか考えてない人は珍しい。そして人間としての暖かみがないというふうに感じていた。

オレは当時、鳩山グループにいた!鳩山さんもいろいろ言われているが、実際は人間味のある人だった。

まあ、あくまでもオレ個人の感じたことだが、それにしても菅さんの嫌われ方は異常だ!ただ菅さんだけを批判するのもどうかと思うのは、「じゃあ他に誰がいるの?民主党」ということになる。そして衆議院で約300人以上の民主党の国会議員を選んだのは国民であることも忘れちゃいかんだろう。その国民に選ばれた国会議員で総理大臣を決めるのだから・・・。

(江本孟紀) http://emoyan-yan.cocolog-nifty.com/


 

■関連記事
【内閣不信任案否決】あきれて物も言えない
大震災からの復旧 お台場の未来館が6月11日に再開
「人志松本のすべらない話 放送20回記念大会」落語界のあの大物が初参戦!
ゴーカイジャーVSゴセイジャー。みどころは、スーパー戦隊同士のバトルだ
「もう○○はいらない!これからは○○だ!」と言いたがる前向きな人々