SQUARE ENIXの新作RPG「FINAL FANTASY XIII-2」のトレーラーが公式サイトにて公開されています。

トレーラーを見る限り、前作「FINAL FANTASY XIII」には登場しなかったキャラクターが複数人登場しています。発売は2011年12月予定、PS3とXbox360で発売されます。

詳細は以下から。FINAL FANTASY XIII-2 | SQUARE ENIX

YouTube - FINAL FANTASY XIII-2 E3 2011 Trailer


クリスタルとおぼしきものの前にたたずむライトニング。



セラに呼びかけるライトニングのセリフから、彼女がもうこの世界には存在していないということが読み取れます。




場面は移り変わり、セラが大写しになります。


セラの危機を救いに何者かが現れます。



それは彼女の婚約者のスノウ……ではなく、セラを「俺の獲物」と呼ぶ謎の少年。





隕石が落ちたということらしいのですが、先ほどの矢のようなものも隕石の1つだったのでしょうか。



謎の少年の名はノエル・クライス。公式サイトのキャラクター紹介には6月7日13:41現在彼のみが登場しており、前作のキャラクターは特に掲載されていません。



突然、新キャラらしき人が墓の前に座り込み、彼女の友人がパージから逃げる途中で死んでしまったことをセラに語っています。



そして次の場面ではノエルとセラが何か巨大な手に襲われるという状況に。




ノエルの願いは「みんなが生きてる未来」ということで、関連性はないですが「魔法少女まどか☆マギカ」を思い出してしまいました。



ここからはゲーム画面に突入。フィールドマップの表示など、ほとんど前作を踏襲しているようです。







乗ると点滅する床の上を移動。


さまざまなモンスターを相手にした戦闘画面。単一のボタンの操作による技の発動などがありそうな表示が見受けられます。








「無事か?」というノエルの問いかけにうなずくセラ。というか、セラが戦っているという状況は前作ではありえない状況なのですが、一体どんな内容になっているのでしょうか……。




画面左上に「CINEMATIC ACTION」との表示があるので、ムービー画質でアクションを楽しめるモードなのだと思われます。




そしてここからはライトニングのターン。確かにセラたちがいる場所とはだいぶ様子が異なります。


馬の姿をしたオーディンに飛び乗るライトニング。







オーディンに乗りながらの戦闘シーン。









そして再びセラたちのいるところに場面が戻ってきます。





逃げろと言われたセラですが、何かにつまずいて転んでしまいました。



「お姉ちゃん、助けて!」と呼びかけているため、セラはライトニングのことをちゃんと記憶しているようです。



しかしそこに現れたのはライトニングではなく、黒髪の女性。





「ライトニングはもう 死んだんだ!」という衝撃のセリフ。いったいどんなストーリー構成となっているのでしょうか。


「FINAL FANTASY XIII-2」は2011年12月発売予定です。



ティザートレーラーには、E3発表のムービーには登場しない謎の男性キャラクターが登場。このキャラクターの登場からロゴの表示へと移り変わるため、ロゴの黒い人物はこの男性キャラだと思われますが、いったいどんな役割を担う人物なのでしょうか……。

YouTube - FINAL FANTASY XIII-2 ティザートレーラー


・関連記事
FF13を同梱した特別仕様のPS3「FINAL FANTASY XIII LIGHTNING EDITION」が発売決定、HDDは250GBに - GIGAZINE

「FINAL FANTASY XIII(FF13)」速攻プレイレビュー、サクサク遊べるかどうかチェックするためのムービーいろいろ - GIGAZINE

【ネタバレなし】「FINAL FANTASY XIII(FF13)」速攻プレイレビュー、今回のバトルシステムを理解するためのチュートリアルムービー8本 - GIGAZINE

記事全文へ