韓国予備軍が金総書記の顔写真を標的に射撃訓練 / 怒りの北朝鮮「戦争へ突入する!」

写真拡大

韓国予備軍の訓練所で、北朝鮮の故金日成(キム・イルソン)主席と金正日(キム・ジョンイル)総書記、そして後継者とされる三男・正恩(ジョンウン)氏の写真を射撃訓練の標的に使っていたことが明らかとなった。

この事実に北朝鮮はすぐさま反応をみせ、「韓国軍は、自分たちのした行為を謝罪しなけければならない。さもないと、戦争へ突入する」との声明を発表し、軍事的報復の構えをみせている。

韓国予備軍とは、韓国の正規軍除隊後に入る軍隊のことである。韓国男性は約2年の徴兵期間を終えた後も、8年間は予備軍(予備役)としての服務義務がある。その一部の訓練所で、総書記らを標的とする過激な訓練が行われたのだ。

問題となっている内容なのだが、射撃訓練で予備軍兵士およそ400人に渡される零点射撃用の標的紙の上段に、金日成と正日の写真が、下段には2倍の大きさに拡大された正恩の写真が印刷されていたという。管理官らは、安全面での説明を行った後「3人のなかで撃ちたいのを撃て!」と指示したとされる。

訓練に参加したある男性は「多くの兵士らはマトが大きかった正恩を狙って射撃していた」とコメントしており、「以前より、敵対感が強化されたように感じる」と、訓練のようすを語っている。

また仁川(インチョン)の予備軍訓練所では「金親子の首をはねて三代世襲を終わらせろ」「独裁者を抹殺して北の同胞を助けよう」などというスローガンが掲げられていることも確認されている。なお、この訓練所には、血まみれになった金正日と正恩の頭上に銃口が向けられる過激な垂れ幕が、あちこちに設置されている。

このことについて、国防部関係者は「まったく知らなかった」とコメント。「各訓練所の隊長らが(北朝鮮への)敵対感情を兵士へ強化させるため個別に実施したことだ」と説明している。また、韓国軍による一連の動きについて北朝鮮は「人民がひとつの銃弾となり、長年の恨みを果たさなければならない」などと、メディアを通して韓国側を強く非難した。

このところ目立った攻防はみられなかった南北関係だが、ここにきて一気に緊張が高まっている。韓国側が突然、北朝鮮への敵意を露骨に示し、一般兵士にも強要している理由とは何なのだろうか? 今後の動向に注目が集まる。

参照元:京郷新聞(韓国語)

■関連記事