ロータスから待望のATモデル『エヴォーラ IPS』とハイパフォーマンスモデル『エヴォーラ S』が登場!
lotus_evora_s_d.jpg
エルシーアイは、2011 年6 月3日(金)より全国正規販売代理店(エヴォーラ取扱店)にて、ロータス『エヴォーラ IPS(AT 仕様)』 並びにロータス『エヴォーラ S』 の販売を開始しました。『エヴォーラIPS』 は、ロータスが久々に生産するオートマチックの車両として、幅広い層に楽しんで頂けるスポーツカーです。また、『エヴォーラS』 は、スーパーチャージャーを搭載し、よりエキサイティングなドライビングを楽しめるハイパフォーマンスモデルとして登場しました。

  (写真は、ロータス『エヴォーラ S』 税込 2+0/MT/1020万5000円、2+2/MT/1062万5000円)

2009 年6 月に発売された『エヴォーラ 』は、ロータスの核心となる価値をそのままに、現在のスポーツカーのラインアップに新たな選択肢をもたらしました。『エヴォーラ 』は、革新的なデザインとスタイリングで、ドライバーは独特のドライビングフィールを探求することが可能です。
既存のロータスの4シリンダーモデルを所有するのとは違う、より洗練されたオーナー体験を提供することにより、『エヴォーラ 』は、スポーツカーの性能にこだわる、これまでのロータスブランドのファンだけでなく、これまでとは違うライフスタイルを持つユーザーにも支持されてきました。

そして、このたび、さらなる性能の向上を実現した『エヴォーラ S』 と、『エヴォーラ 』を運転するということに対する全く新しいアプローチ方法を提供する『エヴォーラ IPS 』(AT)が加わりました。開発におけるコメントとして、ダニー・バハーCEO は、「『エヴォーラ S』 、『エヴォーラ IPS 』 は、『エヴォーラ 』の魅力を更に拡大し、今までとは異なるマーケットへと進出することになります。私たちは、アジア、中東、そして米国のように、既にオートマチック車両のマーケットが確立された国々に於いても人気車種となることを願っています。ロータス社が久々にオートマチックの車両を生産することになり、私たちは、『エヴォーラ 』のドライビング体験を完璧にするため、多くの時間を費やしました」と述べています。



 
lotus_evora_ips.jpg
ロータスが久々に生産するAT車、『エヴォーラIPS』。
2+0/AT/ 895万5000円(税込)、 2+2/AT/937万5000円(税込)
 


『エヴォーラIPS』 のIPSとは、インテリジェント・プレシジョン・シフト(IPS)ギアボックスを指しています。元来スポーティーなハンドリングに向いているロータス『エヴォーラ』が熱望するドライバーの期待にこたえてオートマチックギアボックスをご開発しました。新しいインテリジェントプレシジョンシフト(IPS)は、トルクコンバーターの6 速ギアボックスで、ドライバーのドライビングスタイルに合った運転が可能です。

『エヴォーラIPS』  は、自動的にドライバーのニーズに合わせてギアをアップダウンします。スポーティーなドライビングをしたい場合は、ハンドルの後ろにあるパドルを操作することにより手動でギアチェンジを行うことも出来ます。

また『エヴォーラIPS』 には『エヴォーラ 』(MT)のスポーツパックの一部として搭載されているスポーツボタンが装備されています。スポーツボタンを押すとギアが、高めのエンジン回転数でシフトするようになり、スポーツモードを楽しむことができます。 ギアボックスの制限上、ロータスIPS 搭載のエヴォーラの最大回転数は6500rpm になっています。


lotus_evora_ips_b.jpgAT車の『エヴォーラIPS』はシフトレバーの代わりにボタン式を採用。スポーツボタンも装備されています。



lotus_evora_ips_c.jpg
スポーティーなドライビングをしたいときには、ハンドルの後ろにあるパドルを操作することにより
手動でギアチェンジを行うことも可能。


 『エヴォーラIPS』

 ■価格:(2+0/AT) 895万5000円(税込)
       (2+2/AT) 937万5000円(税込)
 ■サイズ:全長4370mm×全幅1850mm(ミラーを除く)×全高1230mm
 ■エンジン : DOHC V6 VVT-i
 ■トランスミッション : AT(6 速マニュアルモード付)
 ■シャーシ : ロータス製アルミモノコック
 ■ステアリング : 油圧アシストパワーステアリング
 ■サスペンション : 鍛造アルミ製ダブルウィッシュボーン
 ■単筒式ビルシュタイン製ダンパー
 ■アイバッハ製コイルスプリング
 ■最高出力 : 206kw(280ps)/6,400rpm
 ■最大トルク : 350Nm(35.7kg/m)/4,600rpm
 ■最高速度 : 250km/h
 ■車両重量 : 1,450kg







lotus_evora_s_e.jpg
スーパーチャージャーを搭載した『エヴォーラ S』。
2+0/MT/1020万5000円(税込)
2+2/MT/1062万5000円(税込)
 



lotus_evora_s_b.jpg『エヴォーラ S』は、スポーティーな形を強調しつつも、
目立ち過ぎない
リアスポーツディフューザーを装備。
 

スーパーチャージャーを搭載した『エヴォーラ S』 はスタンダードな『エヴォーラ』の長所をすべて引き継ぎ、その上で特に性能を強化しました。シャーシの性能の高さを際立たせ、ドライビングの楽しさをさらに追及していただけるようにエンジンの最高出力350ps/7,000rpm、最大トルク400Nm/4,500rpmまで引き上げました。
『エヴォーラ S』 ではスポーツパックが標準装備となり、より高い回転数、アップグレードされたエンジンオイルクーラーおよびブレーキ、シャープになったスロットル・レスポンス、リアスポーツディフューザーそしてスポーツシングルエクゾーストテールパイプを装備しています。スタイリッシュで居住性の良いキャビンと素晴らしいシャーシそして加速性能、エヴォーラSはシリアスなサーキット走行も可能な能力を持った、エキサイティングな日常ユースのスポーツカーです。

『エヴォーラ S』では、エアロダイナミクスに関して、『エヴォーラ S』のスポーティーな形を強調しつつも、目立ち過ぎないリアスポーツディフューザーを設計することが目的でした。結果、高速性能でさらに安定性、および空気伝導性が向上し、日常のドライビングはもとより、さらに過酷なドライビングでも安心して乗っていただけます。

ファントムブラックのウイングミラーは、エヴォーラSの標準装備です。車のボディカラーと陰影のコントラストをつけています。



lotus_evora_s_c.jpgスタイリッシュで居住性の良いキャビン。



 『エヴォーラ S』

 ■価格 :(2+0/MT) 1020万5000円(税込)
       (2+2/MT) 1062万5000円(税込)
 ■サイズ :全長4380mm×全幅1850mm(ミラーを除く)×全高1230mm
 ■エンジン : DOHC V6 VVT-i スーパーチャージャー
 ■トランスミッション : 6 速MT
 ■シャーシ : ロータス製アルミモノコック
 ■ステアリング : 油圧アシストパワーステアリング
 ■サスペンション : 鍛造アルミ製ダブルウィッシュボーン
 ■単筒式ビルシュタイン製ダンパー
 ■アイバッハ製コイルスプリング
 ■最高出力 : 257.5kw(350ps)/7,000rpm
 ■最大トルク : 400Nm(40.8kg/m)/4,500rpm
 ■最高速度 : 277km/h
 ■車両重量 : 1,440kg

2011 年6 月25 日(土)〜7 月10 日(日)の期間で、正規販売代理店(エヴォーラ取扱店)にて[「エヴォーラ IPS/S デビューフェア」を開催します。ぜひ新しいロータスに触れてみてください。


 【問】エルシーアイ tel :0120-371-222
 URL : http://www.lotus-cars.jp/
 




■関連記事
ベントレー『ミュルザンヌ』が横浜美術館に展示!
メルセデス・ベンツが新型Cクラスを発売!
JAGUARの驚愕コンセプトカー「C-X75」が発売に!
【「東北地方太平洋沖地震」復興支援】ラ・ピスタ新橋のチャリティイベント報告
【「東北地方太平洋沖地震」復興支援】ラ・ピスタ新橋でチャリティイベント開催
【お知らせ】『スタイリッシュ ギャンブラー達の勝負の夜 〜Midnight Keirin〜』 中止のお知らせ
ジュネーブモーターショーにてマセラティから『グランカブリオ スポーツ』発表!
「マセラティ目黒」がオープニングイベント「MASERATI Meguro Opening Weeks」を開催!
ジュネーブ・モーターショーでロールス・ロイスのEVが登場!
【会員プレゼント】『スタイリッシュ ギャンブラー達の勝負の夜〜Midnight Keirin〜』 が「コポンノープ」で開催!