ゴーカイジャーVSゴセイジャー。みどころは、スーパー戦隊同士のバトルだ

写真拡大


6月11日(土)から公開される『ゴーカイジャー ゴセイジャー スーパー戦隊199ヒーロー大決戦』の試写を観る機会があったので、紹介したい。

スーパー戦隊シリーズといえば、仮面ライダーと双璧となす特撮ヒーローシリーズであるのはいうまでもない。『秘密戦隊ゴレンジャー』から続いてきた、カラフルなヒーローたちが活躍するシリーズである。今では『パワーレンジャー』として日本国外でも親しまれている。

この映画。スーパー戦隊のファンの方なら「現戦隊VS過去戦隊」といえばなんとなくイメージしていただけると思う。その年の最新の戦隊と、前年に活躍した戦隊たちが出会い、最初はいがみあったりもするが、最後はお互いの正義を確認。協力して敵を倒す、という定番パターンである。今作でも現在活躍中の『海賊戦隊ゴーカイジャー』と、昨年活躍していた『天装戦隊ゴセイジャー』が出会い、共闘する物語となっている。

定番、とはいえ。ゴーカイジャーが「過去に34戦隊が地球を守り続けて来た世界」という独特な世界観を持っていることから、従来の「現戦隊VS過去戦隊」がさらに強力に補完されているのがうれしいところ。例えば、敵の親玉は初代スーパー戦隊『秘密戦隊ゴレンジャー』と戦った黒十字総統の生まれ変わりであり、『炎神戦隊ゴーオンジャー』の総裏大臣ヨゴシマクリタイン、『魔法戦隊マジレンジャー』の冥府神ダゴンなども敵役として登場してくれる。

そして今作最大の見せ場がゴーカイジャー&ゴセイジャーが過去戦隊たちと戦うシーンだ。歴代のカラフルなレンジャー同士が集団でバトルするのは、ある意味シュールで軽く眩暈すら覚えそうだが、スーパー戦隊ファンならば、何度か見直してでもそれぞれがちゃんとキャラクターとして演じているのか、チェックしたくなるだろう。またスーパー戦隊ならではのお約束、「倒した敵が巨大化したからロボ戦」という展開もちゃんと踏襲されており、歴代戦隊ロボ大集結が続いての見せ場として用意されている。

それと、古くからスーパー戦隊に親しんできたひとこそ、期待しているだろう。『秘密戦隊ゴレンジャー』のアカレンジャー、誠直也氏、『ジャッカー電撃隊』のビッグワン(だけでなく、『秘密戦隊ゴレンジャー』のアオレンジャーでもあり『仮面ライダーV3』でも『快傑ズバット』でもある)宮内洋氏、電子戦隊デンジマンのデンジブルー(それどころか『宇宙刑事ギャバン』でもある)大葉健二氏、『大戦隊ゴーグルファイブ』と『科学戦隊ダイナマン』双方でブラックを演じた春田純一氏など、歴代戦隊の登場人物を務めた俳優たちも登場して、ゴーカイジャーたちを励ましてくれるのだ。これにはしょこたんも大喜びに違いない。(しょこたん=中川翔子さんが大ファンの、『超電子バイオマン』レッドワン役坂元亮介氏も登場。)ゴレンジャーからのファンである筆者としては、できればもう少し彼らの活躍を観たかった気もするが、現役の若者たちの暴れっぷりを楽しむのがこの作品の正しい楽しみ方のようだ。

■関連リンク
「ゴーカイジャー ゴセイジャー スーパー戦隊199ヒーロー大決戦」公式サイト
http://sentai199.com/

(ピカ田チュー太郎)


「戦隊199ヒーロー」製作委員会(C)石森プロ・テレビ朝日・東映AG・東映

■関連記事
覆面をした爆乳女性たちが森で踊り続ける謎の動画
懐かしさ満点! デパート屋上にあった“ヒーロー型コイン遊具”を再現した貯金箱
大葉健二がやってきた!  『宇宙刑事ギャバン』からのメッセージ
仮面ライダーオーズ『オーメダル』を超カッコ良くするテクニック(食玩編)
【改訂版】仮面ライダーオーズ『オーメダル』DX版をもっとカッコ良くする!