リクルート(東京都千代田区、柏木斉社長)は、すべての学生(大学院、大学、短大、専門学校、高専)を対象にしたウェブサイト『リクナビ インターンシップ&キャリア』(http://job.rikunabi.com/2013/)を6月1日にオープンした。<br />
 同サイトのコンセプトは、「"良質な実際の仕事体験やキャリア観形成の機会"が得られる情報の提供」「学生の授業の妨げとならない情報の提供」「このような機会をできるだけ、多くの学生に提供」という3つ。

 「何のために働くのか」「仕事を通じて何を実現したいとのか」といったキャリア観を形成するため、「働く」を知る重要な機会となる職業体験を行うインターンシップ情報を提供することで、キャリア観を形成する一助となるサイトを目指すという。

 同サイトの特徴は、?自宅や大学から参加可能で発言も自由にできるオンラインプログラム「リクナビチャンネル」、?豊富な情報量の「インターンシップ情報」を提供する。現在、177社のインターンシップ情報を掲載中だ。

 『リクナビ インターンシップ&キャリア』は、12月1日以降『リクナビ2013』に変更する。それまでの期間は、インターンシップやリクナビチャンネルなどを通じて、キャリアを考えるための情報を提供する。

不足するグローバル人材 新卒採用では需給に矛盾も
大卒求人倍率1.23倍、中堅・中小企業を狙う学生が増加
大卒就職率91.1% 過去最低の水準、卒業直前まで就職活動

日本人材ニュースCarrera」は働く人のためのキャリアニュースサイトです。