父の日に欲しい物No.1は?「手紙」や「手作り」が人気

写真拡大

 今年の「父の日」は6月19日。これに先駆けて丸井が実施した「父の日」に関するアンケートによれば、プレゼントを贈ることを予定しているのは半数以上。その内容は「お酒」や「洋服」など様々だが、市場では「ステテコ」など「スーパークールビズ」対応商品もプレゼントとして人気を集めている。しかし、お父さんに実際に欲しいものを聞いたアンケートでは、意外なものがトップに上がった。

父の日に欲しい物No.1は?の画像を拡大

 5月の「母の日」に続き、丸井が10〜50代の男女約1,000名を対象に「父の日」に関するアンケートを実施した。まず「あなたは今年父の日にプレゼントを贈りますか?」の問いでは、半数以上が「贈る予定」と回答。これは約7割だった「母の日」に比べると少ないが、プレゼントの購入予算はほぼ同額の4,725円。価格帯は3,000円〜5,000円が無難のようだ。

 続いて「あなたは今年父の日に何を贈りますか?」の問いでは、一番多かった回答が「お酒やお取り寄せグルメ」。その他、「洋服」や「靴下」、「ゴルフグッズなどのスポーツ用品」、「ネクタイ」などの定番アイテムが続いた。しかし注目は、実際にお父さんに対して聞いた「父の日に欲しい贈り物は何ですか?」の問いで、最も多かった項目は定番の「ネクタイ」をわずかに上回って「手紙、手作りの○○」が1位に。3位には「温泉、旅行、レストランなどでの食事」、4位には「お酒やお取り寄せグルメ」が続いた。その他、「ハンカチ」「靴下」など比較的安値のものから、「お財布」「腕時計」「バッグ」「電化製品」など高価なものまで幅広くランクインしている。

 このアンケートで、お父さんは贈り物の値段に関係なく、心がこもった贈り物を一番に望んでいることが浮き彫りになった。「母の日」のアンケートでは、お母さんには「モノ」より「コト」が喜ばれることがわかったが、一方でお父さんには「モノ」より「キモチ」が喜ばれる傾向があるようだ。

■マルイ「父の日特集」
 http://voi.0101.co.jp/voi/webshop/present/fathersday11/index.jsp