ファミコンにカセットテープレコーダが存在した

写真拡大

現在のゲームソフトはDVDやBDなどの光メディアが主流ですが、ファミコンはカートリッジタイプでした。バッテリーバックアップ機能が登場してからはゲームデータの保存に困らなくなりましたが、それまではパスワードを記録してゲームデータを保存していました。

ですが、ファミコンでも大容量のデータ保存が可能だったのをご存知ですか? 別売りで購入した『ファミリーベーシック専用データレコーダ』を使用すれば、ゲームデータをカセットテープに記録したり、読み出したりできたのです。

『ファミリーベーシック専用データレコーダ』に使用されているカセットテープは普通の音楽用カセットテープで、そこにデータを記録するのです。もちろん、すべてのゲームに対応していたわけではありません。ファミコンソフト『ロードランナー』で自作したステージを保存したり、『エキサイトバイク』で使用できたようです。

『ロードランナー』のゲーム書籍にカセットテープが付属されているものがあったのですが、それを購入すればそのカセットテープに記録されている自作ステージを楽しむことができました。いまでいうところの、セーブデータ付きゲーム書籍ですね。

小学生だった記者はその自作ステージを遊ぶため、ものすごく『ファミリーベーシック専用データレコーダ』が欲しかったのですが、高額だったため購入できませんでした。

しかし、それから数年後になって「接続コードさえあれば普通のカセットレコーダでもデータを保存できる」という事実を知り、愕然としました……。この『ファミリーベーシック専用データレコーダ』ですが、あまり売れなかったようです。ファミコンにもいろいろと迷走した時期があったわけですね。

■関連記事
マクドナルドではハンバーガーのソース抜きやレタス抜きがリクエストできる
3D映画を観て映像にガッカリしたときは「2D→3D変換映画」を観た可能性が高いです
ドコモのドコモダケ、ソフトバンクのお父さん犬、そしてauシカ
『ジョジョの奇妙な冒険』杜王町と『魔少年ビーティー』の共通点が多すぎる件
ジョジョの奇妙な冒険・ジョナサンの名前の由来はファミレスの『ジョナサン』