穴掘りゲームその2(画像:amazon.co.jpより)※写真はイメージです。
©LEED Publishing 
©ユニバーサル 1980

「スペースパニック」は1980年に株式会社ユニバーサルからリリースされたアクションゲームです。

「スペースパニック」では何層かに区切られた空間を蠢くエイリアンを穴を掘って落として埋めることを繰り返し全滅させることを目的としたゲームです。

※以前ご紹介した「平安京エイリアン」に高さの概念を加えたようなゲームというと解りやすいと思われます。

「スペースパニック」では、オキシゲン(酸素)という時間制限の概念があります。これにより「平安京エイリアン」で使用された、じっくり待ち構えるという戦略というよりは積極的に攻めていくというプレースタイルが要求されます(パズル性よりアクション性が高いロードランナーという感じがします)。

こんな「スペースパニック」ですが、残念ながら家庭用ゲーム機に移植されたのはカシオのPV-1000だけのようです(PC版としてはPC-8001版というのが存在するようです。なお移植したのは「ドラゴンクエスト」シリーズのプログラマー中村光一氏だったりします)。

ユニバーサル社は現在、パチンコ・パチスロメーカーとして存在するのですがゲーム制作は行っていません。そのため「スペースパニック」も幻のゲームとなりつつあります。もしゲームセンターで「スペースパニック」を見かけることがあれば一度遊んでみることをおススメいたします。シンプルながらハマることうけあいです!

【ライター:清水サーシャ】


▼外部リンク
部屋をゲーセンにする―基板達人への道
スペースパニック動画
PV-1000(カシオ)ゲーム紹介Webサイト

■関連記事
【アニメ】「DOGDAYS」第10話放映!(ネタばれ注意)
日々命題-HOTな時事WORDをすかさずCHECK- 今日の話題ワード「ネット管理社会」
【金曜ロードショー】7月は「もののけ姫」など3週連続スタジオジブリ作品攻勢
【とある企業の面接録】特別編「退職の方法」
仮想現実探索記-探偵ファイルVSダーロンファイル-