『ICO』と『ワンダと巨像』はモルフォロジカル・アンチエイリアシング対応

写真拡大

HDリマスター版として発売が予定されている『ICO』と『ワンダと巨像』は、どちらもプレイステーションユーザーに衝撃を与えた名作中の名作といわれています。特に『ワンダと巨像』は映画化の噂もあり、世界的に大ヒットしたゲームのひとつです。

さんなHDリマスター版『ICO』と『ワンダと巨像』ですが、モルフォロジカル・アンチエイリアシング(MLAA)対応であることが判明しました。なんだそりゃ!? と思っている人も多いと思いますが、MLAAを簡単に説明すると……。

MLAAは、グラフィックをより美しく表示させることができるシステムなのです。MLAA対応になることにより劇的に変化するのは立体物の「辺」(へん)です。ポリゴンで表示されたゲームは辺の部分がギザギザになるジャギー現象が発生することがあります。

現在発売されているプレイステーション3のゲームでも、けっこうジャギーが発生していてリアル感を損なわせています。なによりもプレイしていて画面が見にくくなり、ストレスがたまることもあります。MLAAによって、そのジャギーが劇的に軽減されるのです。

もちろんMLAAの恩恵は、ほかにも多数あります。HDリマスターというだけでなく、最新の映像技術でよみがえる『ICO』と『ワンダと巨像』。いまから9月の発売が待ち遠しいですね。

画像: Twitter

■関連記事
マクドナルドではハンバーガーのソース抜きやレタス抜きがリクエストできる
3D映画を観て映像にガッカリしたときは「2D→3D変換映画」を観た可能性が高いです
ドコモのドコモダケ、ソフトバンクのお父さん犬、そしてauシカ
『ジョジョの奇妙な冒険』杜王町と『魔少年ビーティー』の共通点が多すぎる件
ジョジョの奇妙な冒険・ジョナサンの名前の由来はファミレスの『ジョナサン』