ピカチュウからバットマンまで、シアトル発のラテアートがなかなかスゴイ!

写真拡大

スチームして温めたミルクをエスプレッソに注ぎ、表面に絵を描くラテアート。ミルクを注ぐ時のテクニックだけで描くハートやリーフ(葉っぱ)から、楊枝のような細い棒状のものを使って描くクマの顔など、定番の絵柄だけでも種類は様々だ。無限に考えられるデザインゆえ、カフェによってはオリジナルのものを生み出しているところもある。

シアトルにある「Fremont Coffee Company」もそのひとつ。店の経営者のひとりであるクリスチャン・モリスさんが描くラテアートが「スゴイ!」とコーヒーファンのみならずアニメファンからも絶賛されているのだ。

彼の描く作品は、誰もが知っている有名なアニメや映画のキャラクターもの。バットマンやピカチュウに加え、お馴染み「スター・ウォーズ」のダース・ベイダーやボバ・フェット、2002年に公開された映画「ドニー・ダーコ」に出てくるうさぎのフランクなど、ファンにはたまらないものばかりだ。あまりの出来栄えゆえ、ファンでなくても飲むのが惜しくなるだろう。まさに芸術作品である。

彼の作品を目の前で見たければシアトルまで行くしかないが、自分のラテにこんな芸術的な絵を描いてもらえれば、目でも舌でも味わえて二度おいしいこと間違いない。

参照元:Mail Online(英文)

■関連記事