任天堂株式会社は、今年2月に発売した「ニンテンドー3DS」の本体機能のアップデートを6月7日から提供開始すると発表した。

今回の更新によりWebブラウザ機能「インターネットブラウザー」が追加されて、同機でタッチペン操作によるWebサイトの閲覧が可能となる。なお、閲覧を制限したい人のためにフィルタリングソフトも用意されている。

このほか、同機をインターネットに接続して「ニンテンドーeショップ」が利用可能になる。同ショップではダウンロードソフトの購入などが可能だ。

インターネットブラウザーの画面
インターネットブラウザーの画面

アップデート告知サイト
URL:http://www.nintendo.co.jp/3ds/versionup/index.html

2011/06/3


■関連記事
ソーシャル解析サービスを提供するカナダのPostRank、Googleによる同社の買収を発表 (2011.6.6)
NHK、ラジオ番組をインターネットで同時配信すると発表 (2011.6.3)
グーグル、HTML5で作った「ブラウザやウェブについて知っておきたい20のこと」日本語版を公開 (2011.6.3)
日本オラクル、社員犬「キャンディ」のFacebookページを開設 (2011.6.2)
Microsoft、タッチ操作に最適化した「Windows 8」の新UIを公開 (2011.6.2)
アドビ、「ADOBE CREATIVE SUITE 5.5」の小中高校向けサイトライセンスを発表 (2011.6.2)
Twitter、その場で簡単にフォローできる「Follow」ボタンの提供開始 (2011.6.2)
iPhone/Android対応ARソーシャルゲーム「iButterfly Plus」が世界86カ国で提供開始 (2011.5.31)
日常的な距離感を保つユニークなSNS「Path」(前編) (2011.5.30)