ボッテガ・ヴェネタ、日の丸キーチェーン発売

写真拡大

 「BOTTEGA VENETA(ボッテガ・ヴェネタ)」が、東日本大震災による被災地への復興支援の一環としてチャリティ・キーチェーンを発売する。真っ白なイントレチャートを用いた日本の国旗"日の丸"をイメージさせるデザインはインパクト大。2011年6月12日から世界各国の「ボッテガ・ヴェネタ」ブティックと公式サイト「bottegaveneta.com(ボッテガ・ヴェネタ ドットコム)」で販売をスタートする。

ボッテガ、"日の丸キーチェーン"発売の画像を拡大

 「ボッテガ・ヴェネタ」のチャリティ・キーチェーンは、親日家としても知られるブランドのクリエイティブ・ディレクター トーマス・マイヤーが特別にデザインしたもの。ナッパレザーを手で編み込んだイントレチャート・レザーで作られており、日本の国旗をイメージしている。これによる収益は全て日本赤十字社を通じて寄付させる。
価格は19,000円(税抜)。

 チャリティ・キーチェーンを手掛けたトーマス・マイヤーは「日本の皆さんの勇気と決意に感動し、また突き動かされました。このキーチェーンをデザインしながら経済的な支援だけでなく、私たちが分かち合っている思いやりの気持ちや心のつながりを表す大胆なシンボルを作りたいと願いました。被災地の復興に取り組む日本の皆さんが、このキーチェーンや、世界中からの愛と支援が形となったその他のシンボルから力を得られるよう祈っています」と語っている。

 ボッテガ・ヴェネタ ジャパンは、2011年3月11日(東北地方太平洋沖地震発生日)から6月11日までの「ボッテガ・ヴェネタ」のオンラインストア「bottegaveneta.com」での売上を全額寄付する。また、親会社PPRグループは、赤十字社を通して200万ユーロの支援を行っている。

■問い合わせ先
TEL:0570000677