(社)インテリア産業協会(和田清造会長)は、6月2日に京王プラザホテルにて平成23年度通常総会を開催し、平成22年度事業報告、平成23年度事業計画案、公益法人化に向けた新定款案などを承認した。
平成23年度事業の骨子は、公益法人制度改革を前提に、資格審査事業をはじめとした主要事業全般を見直すことによる効率的な運営への取り組み、各関連団体とのコラボレーション、有資格者に対するスキル向上を目的とした事業推進、IT環境整備による情報発信、広報活動の積極化など。これら事業推進に当たっては、良質で長寿命な住宅への需給の変化や東日本大震災によって顕著となった住関連産業への課題等をふまえ、人材育成、啓蒙活動、総合的な展示活動、イベント活動の拡充など多面的な活動を推進するものとした。
総会に引き続き開催された懇親会で、和田清造会長は「昨年は改革、改善の一年間でした。今年度は将来に向かって発展していくための積極的な活動をしていきたい」と挨拶した。