先行きが不安な今の30代。給料が上がらない世代が安心するには、親世代やバブル世代とはまったく違う考え方が必要です。

前回まではお金が貯まる習慣お金が貯まらない残念な習慣をお話してきましたが、保険の選び方で将来1200万円もソンしてしまう!という現実をお話します。毎日の細かい節約ではなく、賢く保険を選べば、1200万円もお金を節約できるのです。

 生命保険は「社会人になったら1つくらい入っておくものだ」などといわれます。「保険に入っているのが当たり前」「加入しておけば安心」というイメージを持っている人も少なくないようです。

 実際、大手の生命保険会社の営業職員は、「これさえ入っておけば、安心ですよ」といって、さまざまな保障がついた“セット商品”を勧めるのが一般的。そして、勧められるままにこうした“セット商品”に加入している方は少なくありません。

 しかし、“セット商品”には不要な保障がたくさんついているので、その分、保険料が高くなります。

 たとえば、夫婦ともに大手生保の“セット商品”と、別途ガン保険に加入すると、1ヵ月あたりの保険料は2人で4万円くらい。更新していくと生涯に支払う保険料は、2100万円を超える計算です。一方、「必要な分だけ」保障を買えば、1ヵ月あたりの保険料負担は夫婦で2万円弱に抑えることができ、生涯に支払う保険料は約900万円となります。

 つまり生命保険は、入り方しだいで、なんと1200万円以上も世帯の支出をカットできる計算になるのです。



 本当に必要な保障は何かを知り、保険料を安く抑えるコツをふまえて加入すると、家計がぐっとラクになるでしょう。

 では、「本当に必要な保障」とは何でしょうか?

続きはこちら


■関連記事
・不安な時代に知っておきたい たった3つの「お金」の習慣
・30代の反面教師!?年収が高いのにお金を貯められない40代バブル世代の「残念な5つの習慣」
・若い世代ほど損をする 日本のお金のインチキな構造は何も変わっていない
・「へそくり」は女性のほうが高額!男女でくっきり分かれるその使い道とは
・給与が減っても貯蓄額は増加!現代ビジネスパーソンの賢い貯蓄法とは