君は任天堂ゲームハードのコードネームを知っているか?『プロジェクト・リアリティ』『ニトロ』

写真拡大

任天堂のゲームハードには、正式発表前につけられたコードネームが存在します。コードネームは開発コードとも呼ばれており、正式名称が発表されるまでの仮のハード名としても使われています。

今回は、任天堂ハードにつけられたコードネームをいくつかご紹介したいと思います。「新しいハードが出るぞ!」という情報が流れるとコードネームも発表されることが多いので、皆さんが知っているコードネームがあるかもしれませんね。

『ニンテンドウ64』は『プロジェクト・リアリティ』というコードネームで呼ばれていました。『ウルトラ64』とも呼ばれていて、それが正式名称なんじゃないかとも言われていました。

『ニンテンドーゲームキューブ』は『ドルフィン』というコードネームで呼ばれていました。コントローラがイルカのようにツルンとした形状をしているからでしょうか? 現在も現役の『Wii』は『レボリューション』というコードネームでした。

また携帯型ゲーム機の『ニンテンドーDS』は『ニトロ』がコードネームでした。爆発的にヒットとなったゲームハードではありますが、コードネームの認知度は低いようです。あなたが知っているコードネームはありましたか?

画像: 任天堂公式サイト