もともと『ファミ通』はゲーム雑誌じゃなくパソコン雑誌の小コーナーだった

写真拡大

人気ゲーム雑誌の『ファミ通』ですが、もともとはゲーム雑誌じゃなかったのをご存知ですか? 現在は『ファミ通』というタイトルですが、以前は『ファミコン通信』という雑誌名で発行されていました。

しかし、『ファミコン通信』は雑誌として生まれたのではなく、パソコン雑誌の小コーナーとして生まれたのです。つまり、『ファミ通』はもともとゲーム雑誌ではなくパソコン雑誌の小さなコーナーで、人気が出たので雑誌として独立したわけですね。

『ファミコン通信』が載っていたパソコン雑誌は『月刊ログイン』で、パソコン業界を牽引したパソコン雑誌のひとつです。『ファミコン通信』は『月刊ログイン』でファミコンゲームを紹介するコーナーとして生まれ、およそ1年後に雑誌として独立しました。1985年ごろのことなので、最近の若いゲームファンたちはこの事実を知らない人が多いと思います。

いまや『ファミ通』は世界的に有名なゲーム雑誌になりました。1985年当時の編集者たちは、『ファミ通』がここまで大きくなると予想していたでしょうか? これからも楽しいゲーム情報を伝え続けてほしいものですね。

画像: 週刊ファミ通公式サイト