(株)ニチベイでは、東京ビッグサイトで開催中の第16回リフォーム&リニューアル「R&R 建築再生展2011」(主催:建築再生展組織委員会/会期:6月1日〜3日)に出展し、節電対策商品を訴求中だ。
「R&R 建築再生展2011」はマンションの大規模改修やビル改修などの情報に特化した展示会で、マンション・ビルオーナーや管理会社などが来場する。今夏の電力不足による節電ニーズは非常に高く、窓回りメーカー唯一の出展者として会場内で高い存在感を示しているニチベイは、「エアコンの替わりにSilver Screen」と大々的に表現して「シルバースクリーン」を中心に展示している。シルルバースクリーンは生地の裏面(外側)にアルミ蒸着を施し、太陽光を反射して遮蔽するという商品。緻密な蒸着がなされているため、一般的なアルミ蒸着生地と比較してもその効果は高い。この他、コードの穴がない「ユニタッチ25高遮蔽タイプ」、「グラスフェイススラットブラインド」なども紹介、さらに省エネに関する詳細情報を冊子として配るなど、同社の節電・省エネ対策を徹底的に訴求している。