jpg
対戦格闘アクションゲーム「鉄拳」シリーズを原作とした、フルCG長編アニメーション『鉄拳 ブラッド・ベンジェンス』が、2011年夏に北米でプレミア公開、国内では9月3日から新宿バルト9ほか全国で3Dで劇場公開されることが発表となった。

長編アニメ『鉄拳 ブラッド・ベンジェンス』は、「鉄拳」シリーズの世界観はそのままに、個性あふれるキャラクターたちが謎を追いながら友情を深め、恋に悩み、そして熱い闘いを繰り広げるサスペンス・アクションムービー。映像制作は、「鉄拳」シリーズのオープニングムービーをはじめ、数々のCG映像でハイクオリティな作品を生み出すデジタル・フロンティアが担当。
本作でも、特徴あるキャラクターたちの表情を細部までいきいきと表現し、迫力の格闘シーンをダイナミックに演出している。
アニメーション『鉄拳 ブラッド・ベンジェンス』ロゴ

監督には、「鉄拳5」「鉄拳6 BLOODLINE REBELLION」のオープニングムービーを手がけた株式会社デジタル・フロンティアの毛利陽一氏が、脚本には「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」で脚本を、「交響詩篇エウレカセブン」ではシリーズ構成と脚本を手掛けた佐藤大氏、音楽には「伝説のオウガバトル」「FINAL FANTASY TACTICS」の崎元仁氏など、日本を代表するトップクリエイター達が集結。

8

なお、声の出演でリン・シャオユウを演じるのは、「ファミ通アワード2010 女性キャラクターボイス賞」を受賞するなど、声優のみならず舞台、音楽と多岐に活動する坂本真綾。映画のオリジナル・キャラクター神谷真を演じるのは、「DEATH NOTE」の夜神月役で声優アワード主演男優賞を受賞し女性に絶大な人気を誇る宮野真守が決定している。

<毛利陽一監督からのコメント>
CGのフェイシャルアニメーションは情報量が多いので、正直アフレコに対して不安はありましが、やっぱり皆さん流石ですね。キャラクターの台詞はもちろんのこと、個性、感情を含め見事に画にあわせて入れて下さいました。

―坂本真綾さん演じるリン・シャオユウに関して― 坂本さんに演じて頂いたおかげで明朗活発、天真爛漫な普通の女子高生でありながらも、強い意思と優しさを合わせ持った素敵な女性になっていると思います。

―宮野真守さん演じる神谷真に関して― 宮野さんならではの持ち味で、素朴で柔らかな印象の中に知的でどこか陰のある雰囲気を持った男性になっていると思います

1
2
3
6
4
7
5
8
9
10
11
12
13
14
15
16

■主要キャラクターと日本語版キャスト■
坂本真綾さん(リン・シャオユウ役)/松岡由貴さん(アリサ・ボスコノビッチ役)/宮野真守さん(神谷真役)/篠原まさのりさん(三島一八役)/千葉一伸さん(風間仁役)/田中敦子さん(ニーナ・ウィリアムズ役)/渡辺明乃さん(アンナ・ウィリアムズ役)

[企画・製作・原作]株式会社バンダイナムコゲームス
[制作]株式会社デジタル・フロンティア
[監督]毛利陽一
[脚本]佐藤大
[配給]アスミック・エース エンタテインメント株式会社
[公式サイト]http://tekken-bloodvengeance.com/

(C)2011 NAMCO BANDAI Games Inc.
9月3日(土)より新宿バルト9ほか全国3D公開

■関連記事
TMR西川「このなんともいえないパワーを全国に届けていきたい」
「イナズマイレブン災害支援募金」チャリティーコンテンツ寄付金額発表
懐かしい「こえだちゃん」がデザインリニューアルして新発売
彼女×ロボット育成戦略シミュレーション「Web パワードール」テスター募集
「銀魂'」から、銀さんをイメージしたオシャレなスニーカーが誕生