2011年4月、大手出版社の小学館と講談社が共同であるプロジェクトを立ち上げました。それは、女性誌が連携して応援メッセージを集め、チャリティオークションを実施する「Smile! Japan 東日本大震災 女性誌連合プロジェクト」。「女性の笑顔で日本を元気に―。」という合言葉の下、女性誌に携わるモデル、タレント、クリエイターなどが参加しています。

 現在、このプロジェクトに参加している雑誌は、小学館の「PS」「CanCam」「AneCan」「Oggi」「Domani」「Precious」「美的」「和樂」「SAKURA」と、講談社の「ViVi」「with」「VOCE」「GLAMOROUS」「FRaU」「Grazia」の計15誌。

 これまでに、相川七瀬、内田恭子、蛯原友里、押切もえ、加藤ミリヤ、木下優樹菜、木村多江、黒柳徹子、小泉里子、小雪、知花くらら、西野カナ、長谷川潤、長谷川理恵、ベッキー、舞川あいく、MEGUMI、山田優、ヨンア、リン・チーリンなど、各誌でおなじみのタレントやモデル約70人から応援メッセージが寄せられました。

 また、5月30日からはYahoo!オークション内でチャリティを開始。その一部を紹介すると、舞川あいくさんは「snidelのチェーンバッグ」、高橋メアリージュンさんは「黒ジャンスカ」、近藤しづかさんは「サマンサタバサのバッグ」などを出品しています。

 各モデルやタレントから出品されたアイテムの落札金は、すべて日本赤十字社を通じて被災地に寄付されます。







■ 関連記事
石川遼の父「私は遼にだまされたい」〜『石川家の子育て』(2011年5月25日07:30)
『紙も電子も愛し、奇書からギャグマンガまで読み耽る。誰もが気になる高城剛さんの本との付き合い方とは!?』(2011年5月24日23:49)
“ツイッター自爆”の背景「ミクシィはリアル重視、ツイッターは真逆」〜『ソーシャルネイティブの時代』(2011年5月24日08:39)


■配信元
WEB本の雑誌