【うちの本棚】第六十七回 天使な小生意気/西森博之
「うちの本棚」、今回はアニメ化もされた学園ラブドラマ(!?)『天使な小生意気』です。天使のような美少女が、実は男!? そしてはじまる波瀾万丈のストーリー。

本書は、同作品が小学館「少年サンデーコミックス」で刊行されたあと、3巻分を1冊に構成し直して刊行されたコンビニ向けペーパーバックコミックスシリーズ。もともとこの作品はテレビアニメシリーズを先に見ていて、なかなか面白いと思っていたのだけれど、いろいろ状況が重なり、シリーズの後半は録画したまま見る機会を失っていました。
それが、コンビニコミックシリーズが刊行されたことをキッカケに原作も読んでみようと手にしてみたら、改めてハマってしまったというもの。
見ていなかったテレビアニメシリーズ後半も、原作を読んだあとに鑑賞しました。

小学生の頃、ふとしたことで手に入れた魔法の本から出てきた小悪魔に「男の中の男にしてください」とお願いしたら、女にされてしまったという主人公、天使 恵(あまつか めぐみ)。男っぽい女の子というキャラクターはほかにもたくさん登場する作品はあるわけだけど、類まれな美少女という設定がなんとも秀逸。

もしかしたら西森は江口寿史の『ストップ!ひばりくん』を自分なりにやりたかったんじゃないかという気もするのだけれど、恵が「元男」ではあっても現時点(高校生)では、女であり、また男にされたということ自体も実は…という点で違いを見せている。

ただストーリーの前半は、類まれな美少女である恵本人は、心は男だと自覚しているので、ちょっと倒錯的な匂いがないわけではない。

結論を急いでしまえば、精神的に幼い主人公が、高校生になって成長するという展開ともいえるのだけれど、恵を取り巻くキャラクターたちやあり得ないストーリー展開は読者を引き込んで一気に読ませてくれる。

またアニメは原作をかなり忠実になぞっているので、原作を知らなくてもアニメで十分楽しめるという気がする(後半になると多少設定や展開に違いが見られるが、どちらが好きかはその人の好みになるだろう)。

書 名/天使な小生意気(全7巻)
著者名/西森博之
収録作品/天使な小生意気
発行所/小学館
初版発行日/第1巻・2007年10月31日、第2巻・2007年12月2日、第3巻・2007年12月18日、第4巻・2008年1月16日、第5巻・2008年2月18日、第6巻・2008年3月18日、第7巻・2008年4月18日
シリーズ名/マイファーストワイド

■ライター紹介
【猫目ユウ】

フリーライター。ライターズ集団「涼風家[SUZUKAZE-YA]」の中心メンバー。
『ニューハーフという生き方』『AV女優の裏(共著)』などの単行本あり。
女性向けのセックス情報誌やレディースコミックを中心に「GON!」等のサブカルチャー誌にも執筆。ヲタクな記事は「comic GON!」に掲載していたほか、ブログでも漫画や映画に関する記事を掲載中。 

■関連記事
「イナズマイレブン災害支援募金」チャリティーコンテンツ寄付金額発表
懐かしい「こえだちゃん」がデザインリニューアルして新発売
彼女×ロボット育成戦略シミュレーション「Web パワードール」テスター募集
「銀魂'」から、銀さんをイメージしたオシャレなスニーカーが誕生
CLAMP6年ぶりの新連載作品「GATE 7」第1巻発売、複製原画展も開催