20110531nousaku_main

写真拡大 (全3枚)

©Junji Tanigawa & JTQ 2011

訪れる人々を迎える、たおやかな風鈴の音色。「SHOP&THINK」をコンセプトに、表参道という場から様々なカルチャーを発信するファッション複合ビル、GYRE(ジャイル)の吹き抜けに、この夏、巨大なモビールインスタレーションが登場する。

ジャイルが「渦」という意味も持つように、インスピレーションの発信地である建物自体、渦状にデザインされている。モビールに組み込まれた風鈴は、伝統鋳物を製作する高岡能作氏によるもの。高さ30mの吹き抜けを流れる風に呼応する風鈴の音色が、モビールとなって吹き抜け空間に漂う様子は幻想的でさえある。



© Junji Tanigawa & JTQ 2011

また、5月31日から6月12日にかけて、高岡能作のものづくりの深世界を体感するための併設展『能作展―NOUSAKU_ism』も開催される。長い歴史の中で培われた伝統、技術、精神を今の時代に照らし合わせ、次の世代へと受け継いでいくこと。そんなこだわりの世界を撮影したカメラマンの鈴木心の写真が高岡能作の作品製品とともに展示され、味わいのある製品を生み出す能作のものづくりの世界を、より身近に感じることができる。展示されている商品製品は、実際に購入可能だ。
猛暑が予想される今年の夏。聴いても、観ても優しい“癒し”は、夏の暑さを忘れさせてくれるひとときを提供してくれるはず。



Photo: Shin Suzuki

■GYREモビールインスタレーション『風を聴く、音を観る』
会期:5月31日(火)〜8月中旬 11:00〜20:00
会場:GYRE 中央吹き抜け
   東京都渋谷区神宮前5-10-1 Tel:03-3498-6990
クリエイティブ・ディレクション:JTQ 谷川じゅんじ

■『能作展―NOUSAKU_ism』
会期:5月31日(火)〜6月12日(日) 11:00〜20:00
会場:EYE OF GYRE/GYRE 3F
料金:無料
空間構成:JTQ 谷川じゅんじ 写真:鈴木心 サウンドデザイン:谷田部タケオ
http://gyre-omotesando.com/


■関連記事
東京都現代美術館 先鋭的な彫刻・空間表現の世界に逍遥する「名和晃平−シンセンス」展招待券(10名様)
「女性」と「花」、どこまでも魅力的で美しい写真作品展「1(いち)」開催
自由な形とサイズで遊び心をくすぐる「how to live」の布雑貨
beyond 国内外注目の6人のアーティストが生み出す創造言語の世界
肉体美の新たな表現 たかはしじゅんいち展「内観の刻-序」6月8日から開催